走ろう.com ロゴ

2020年12月6日に開催された「第74回 福岡国際マラソン」の概要と結果

2020年12月6日(日)に、福岡県福岡市で「第74回 福岡国際マラソン」が開催されました。

【目次】

レース結果

レースは、吉田 祐也(GMOインターネットグループ)が2時間07分05秒で優勝しました。2位には大塚 祥平(九電工)が2時間07分38秒でが入り、3位には寺田 夏生(JR東日本)が2時間08分03秒でが入った。

最終順位

  • 1位
    2:07:05 吉田 祐也(GMOインターネットグループ)
  • 2位
    2:07:38 大塚 祥平(九電工)
  • 3位
    2:08:03 寺田 夏生(JR東日本)
  • 4位
    2:08:17 マイケル・ギザエ(スズキ)
  • 5位
    2:08:21 作田 直也(JR東日本)
  • 6位
    2:09:31 竹ノ内 佳樹(NTT西日本)
  • 7位
    2:09:57 ポール・クイラ(JR東日本)
  • 8位
    2:10:13 吉岡 幸輝(中央発條)
  • 9位
    2:11:07 田中 飛鳥(ひらまつ病院)
  • 10位
    2:11:09 岡本 直己(中国電力)
  • 12位
    2:11:27 藤本 拓(トヨタ自動車)
  • 13位
    2:11:52 福田 穣(NN Running Team)
  • 17位
    2:13:39 設楽 啓太(日立物流)
  • 19位
    2:13:59 川内 優輝(あいおいニッセイ同和損保)

レース経過

30km地点までは、2つのペース配分のペースランナーにつく形で、トップ集団と第2集団が形成される。トップ集団は序盤は10人で、20km過ぎには7人に、30kmでは、藤本、吉田、キンゴリの3人にまで絞られていく。

ペースランナーが退いた30km過ぎに、吉田がトップにでると、藤本、キンゴリを引き離し独走状態になる。後方では、2位集団にいた作田、ギザエ、大塚、寺田が追い上げをみせ、先頭グループから落ちてくる選手を捉えていく。

40kmを過ぎても吉田のペースは落ちることなく、日本の歴代9位タイのタイムで2時間07分05秒のタイムでゴールした。吉田は一般参加で、2回目のフルマラソンだった。2位は、終盤追い上げた大塚が、3位には寺田が入った。

レース展開

  • START
    12時10分にスタート。天候は晴れ、気温は13.7度、風は微風。会場は無観客開催で、参加した86人の選手たちの走る音が響き渡る。
  • 1km
    最初の1kmは、2分57秒で先頭が通過。
  • 2.5km
    2つのグループのペースメーカーごとに、集団が分かれていく。
  • 5km
    14分56秒で通過。先頭集団は、設楽、藤本、神野を含む10人。その後、間を置かずに34人の第2集団が通過。
  • 7.5km
    大塚が転倒し、第2集団の後方に下がる。
  • 10km
    29分53秒で通過。先頭集団は、藤本、吉田、神野、竹ノ内、バトオチル、設楽、高井、監物、佐藤、キンゴリの10名。4秒遅れて、第2集団が通過。川内が第2集団から遅れ始め、10km後の給水でスペシャルドリンクを取り逃し、水を取る。
  • 12.5km
    川内が先頭と、20秒差。表情は険しい。
  • 13km
    福田が、第2集団より遅れ始める。
  • 15km
    44分46秒で通過。
  • 16km
    別府大橋の勾配で、神野、バトウチル、高井が先頭集団から離れる。
  • 18km
    先頭集団は、藤本、吉田、竹ノ内、設楽、監物、佐藤、キンゴリの7名。キンゴリは、初マラソン。
  • 20km
    59分35秒で通過。先頭の7人は変わらず。第2集団は大塚、作田、高井を含む15人で、20秒遅れで通過。神野は第2集団から遅れ始める。
  • HALF
    1時間2分54秒で通過。
  • 22.5km
    佐藤が先頭集団より遅れる。
  • 23km
    監物が先頭集団より遅れる。
  • 24km
    設楽が遅れる。先頭集団は、藤本、吉田、キンゴリ、竹ノ内の4人に。
  • 25km
    1時間14分32秒で通過。20キロからの5キロは、14分57秒。25km過ぎのスペシャルドリンクを竹ノ内が取りそこねる。
  • 27km
    竹ノ内が先頭集団から遅れる。
  • 30km
    1時間29分31秒で通過。先頭集団は、藤本、吉田、キンゴリの3人で、差後のペースメーカーが外れる。第2集団は、作田、大塚、大津、吉岡、寺田、ギザエ、青木、熊谷、クイラの9名。
  • 31km
    吉田、藤本、キンゴリが縦長になり、その間隔が開いていく。31km過ぎで、突如キンゴリが止まる。
  • 32km
    吉田が、藤本を大きく引き離す。
  • 32.8km
    竹ノ内を、作田がとらえ3位に上がる。その後、竹之内は5位集団にもとらえられる。
  • 35km
    吉田が1時間44分37秒で通過。続いて、藤本が39秒遅れで続く。さらに作田が藤本に6秒差に付けている。吉田は、30kmからの5kmを15分6秒で刻む。
  • 35.45km
    作田が藤本をとらえ、2位に浮上。藤本はその後、4位集団に吸収される。
  • 37km
    順位は、吉田、作田、ギザエ、大塚、寺田、クイラ、藤本の順
  • 39.2km
    作田を、大塚、ギザエがとらえ、抜き去る。さらに作田は、ギザエを徐々に引き離しにかかる。1位 吉田、2位 大塚、3位 ギザエ、4位 作田。
  • 40km
    吉田が先頭で、2時間00分15秒で通過。2位の大塚は、42秒差。さらに、ギザエ、作田、寺田が続く。
  • 41km
    吉田は、40kmからの1kmを3分1秒で走る。41kmのスペシャルドリンクは取りそこねる。
  • FINISH
    吉田が、2時間7分05秒で両腕でガッツポーズを作りながら優勝のゴールテープを切った。大塚は 33秒遅れで2位に入る。3位には追い上げを見せた寺田が、4位にギザエ、5位に作田が入った。

開催地とコース

レースは、福岡県福岡市にある平和台陸上競技場を発着地点として、福岡市の市街地から湾岸エリアにかけてを走る 42.195km。31km過ぎのに折り返しがあり、選手同士がすれ違う箇所があります。全体を通して高低差は少ないですが、いくつかの橋を渡る時に 5m程度の坂があります。ペースメーカーは、第1集団はキロ 2分58秒、第2集団はキロ 3分に設定されています。

第74回 福岡国際マラソン コース図福岡国際マラソン

主な参加選手

国内招待選手
  • 服部 勇馬(トヨタ自動車)※欠場
  • 藤本 拓(豊田自動車)
  • 髙久 龍(ヤクルト)※欠場
  • 川内 優輝(あいおいニッセイ同和損保)
  • 岡本 直己(中国電力)
  • 作田 直也(JR東日本)
  • 福田 穣(NN Running Team)
  • 大塚 祥平(九電工)

大会概要

大会概要
大会名
第74回 福岡国際マラソン選手権大会
日 時
2020年12月6日(日)12時10分スタート
開催地
福岡県福岡市
距 離
42.195km

福岡国際マラソン
http://www.fukuoka-marathon.com/

放送・配信の情報

テレビ放送
放送局
テレビ朝日系列など全国29局ネット
番組名
第74回 福岡国際マラソン
日 時
2020年12月6日(日)12時00分~14時26分
URL
https://kbc.co.jp/f-marathon/
ラジオ
配信局
九州朝日放送、ニッポン放送、朝日放送ラジオ、東海ラジオ、STVラジオ、信越ラジオ
番組名
第74回 福岡国際マラソン実況中継
日 時
2020年12月6日(日)12時00分~14時30分
URL
https://kbc.co.jp/r-radio/marathon2020/

5km毎のタイムと順位

レースの5km毎のタイムと順位は、下記のURLの速報ページから確認ができます。

第74回福岡国際マラソン選手権大会順位速報
http://www.sportsmovie.info/racereport/2020/1206fukuoka/rank.php