今が旬!ミッドソールに高反発プレートが入ったランニングシューズを一挙紹介

2017年7月に初代「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」が発売され、ミッドソールに高反発のカーボンプレートを採用していることで話題を集めました。そして、最新モデル「ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%」に至るまで、このシューズを履いたランナーが数々のレースで表彰台に上がり、記録を塗り替えしてきました。

ナイキのシューズの躍進を受けて、他のスポーツメーカーも高反発プレートが装備されたシューズを開発し販売をしています。このページでは、それらのシューズを紹介していきます。

【目次】

Nike ZoomX Vaporfly NEXT%

Nike ZoomX Vaporfly NEXT%

ナイキは、2017年7月に初代「Nike Zoom Vaporfly 4%(ナイキ ズーム ヴェイパーフライ4%)」が発売し、以降このシリーズを改良し続け、最新モデルの「Nike ZoomX Vaporfly NEXT%(ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%)」に至るまで、多くのランナーのタイム更新に貢献し、数々の記録を樹立しています。

このナイキのシューズシリーズは、200gを切る軽量さと、カーボンファイバープレートの入ったミッドソールにより、エネルギーのロスを減らしリターンを増やすとともに、十分なクッション性をもっています。それにより、スピード感ある走りだけでなく、脚へのダメージの軽減し早期のリカバリーを可能にしてくれます。

Nike Zoom Fly 3

ナイキ ズーム フライ 3

ナイキが速く走るためのレーシングシューズとして制作した「Nike Zoom Fly 3(ナイキ ズーム フライ 3)」。

ミッドソールでは柔らかく良く弾むナイキリアクトフォームを採用し、フルレングスのカーボンファイバープレートが内蔵されているため、推進力ある走りでありながらクッションが足を守ります。さらに軽量で半透明のアッパーが、シューズ独特のスピード感あるデザインを演出します。

「ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%」よりも安価で耐久性と快適性を追及しているため、より幅広いランナーに対応したシューズになっています。

HOKA ONE ONE「CARBON X」

HOKA ONE ONE「CARBON X」

HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)は、2019年5月より「CARBON X(カーボン エックス)」を発売しました。このシューズは、ソールに内蔵されたカーボンファイバープレートとさらに進化したメタロッカー構造により、これまでにない新しい推進力を生み出します。 カーボンプレートをアウトソールの近くに配置することにより、さらに足をしっかりととらえながら、これまで以上にスムーズな着地から蹴り出しを可能にします。

どんな距離でももっと速く、もっと楽しく。すべてのアスリートが自己ベストに挑戦できる、新しい走り心地のシューズです。

NewBalance「FUELCELL 5280」

NewBalance「FUELCELL 5280」

1マイルをフィートに換算した"5280フィート"からその名が付いたニューバランス「FUELCELL 5280(フューエルセル 5280)」。短い距離での高速レースを想定した、ハイレベルのランナーがハイスピードで走れることに特化したシューズです。超高反発の新ミッドソール素材「FUELCELLフォーム」のミッドソールに、マルチダイレクションカーボンファイバープレートを組み合わせ、推進力を後押しします。

このシューズは、2019年9月にニューバランスオンラインストアで数量限定販売されました。

MIZUNO「WAVE DUEL GTZ」

MIZUNO「WAVE DUEL GTZ」

ミズノ「WAVE DUEL GTZ(ウエーブデュエル GTZ)」は、高速化するレースを最速のタイムで走る事を目指し、陸上短距離スパイクの開発技術を活かした新しいプレート「ウエーブプレート」をソール(靴底)部分に採用。短距離スパイクのように、反発性が高く、かかとが落ちにくいソール設計により、ソールの反発力“エネルギーリターン”が向上し、よりスピードに乗った走りを実現しています。

普段の練習用モデルとして、よりクッション性を高めたシューズ「WAVE DUEL」も同時に発売されています。

MIZUNO「WAVE AERO18」

MIZUNO「WAVE AERO18」ウエーブエアロ 18|ミズノ

「WAVE DUEL GTZ」と同様に、陸上短距離スパイクの開発技術を活かした新しいプレート「ウエーブプレート」をソール(靴底)部分に採用した、ランニングシューズ「WAVE AERO18(ウエーブエアロ 18)」。ターゲットは、サブ4を達成し、次の目標を目指すランナーです。

「WAVE AERO18」にカスタマイズされたプレートは、適度な屈曲性と反発性を重視し、安定した走りをサポートします。