走ろう.com ロゴ

走りに反発力と安定感をもたらす、ミッドソールに高反発プレートが入ったランニングシューズを一挙紹介

高反発プレートが入ったランニングシューズ

2017年7月に初代「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」が発売され、ミッドソールに高反発のカーボンプレートを採用していることで話題を集めました。それからナイキを中心に、プレートを搭載したランニングがレースで表彰台に上がり、記録を塗り替えしてきました。このページでは、そうしたミッドソールにプレートを搭載したランニングシューズを紹介していきます。

【目次】

ナイキ

ナイキ「Nike Air Zoom Alphafly NEXT%」

Nike Air Zoom Alphafly NEXT%

「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%」は前足部のソール下部に、特徴的なナイキ ズームX エアポッドを搭載し、クッション性とエネルギーリターンを向上させています。またミッドソールは、厚みのある高反発素材のズームXフォームと、内蔵するフルレングスのカーボンファイバープレートで構成されています。これらにより、反発力とランニングエコノミーが向上し、レースに挑むランナーをサポートします。

ナイキ「Nike ZoomX Vaporfly NEXT% 2」

ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2

数々の記録を樹立したシューズの後継モデルの「ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2」は、ランナーたちから信頼をされれる前モデルの足元の機構を維持しながらも、アッパーに機能追加することで、快適さと耐久性に改善が加えられています。

ナイキ「Nike ZoomX Vaporfly NEXT%」

Nike ZoomX Vaporfly NEXT%

「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ ネクスト%」は発売以降、ランナーのタイム更新に貢献し、数々の偉大な記録を樹立しています。200gをきる軽量性に加え、高反発のズームXフォームとカーボンプレートによるエネルギーロス抑制の効果により、スピード感ある走りだけでなく、脚へのダメージを軽減し、早期リカバリーを可能にしてくれます。

ナイキ「Nike Zoom Fly 3」

ナイキ ズーム フライ 3

ナイキが速く走るためのレーシングシューズとして制作した「ナイキ ズーム フライ 3」。ミッドソールには、柔らかく良く弾むナイキリアクトフォームを採用し、フルレングスのカーボンファイバープレートが内蔵されているため、クッション性がありながら推進力ある走りを提供します。さらに軽量で半透明のアッパーが、シューズ独特のスピード感あるデザインを演出しています。

「ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%」よりも安価で、耐久性と快適性を追及しているため、より幅広いランナーに対応したシューズになっています。

アディダス

アディダス「adizero adios Pro」

アディダス「adizero adios Pro」

『アディゼロ アディオス プロ』に搭載される「EnergyRods(エナジーロッド)」は、プレート状ではなく、足の中足骨をヒントに調整された5本の骨状カーボンバーで構成されます。ヒール着地の衝撃吸収から前足部による強い蹴り出しまで、足の形状に沿った自然な重心移動を維持することを可能にしています。

アディダス「adizero Pro」

アディダス「adizero Pro」

2020年4月1日(水)に発売された、アディダス初のカーボンプレートを採用したランニングシューズ「adizero Pro(アディゼロ プロ)」。搭載された「CARBITEXカーボンプレート」は、着地時にはダイナミックな柔軟性を、蹴り出し時にはエネルギーを与え、少ない力を大きな推進力へと変換します。

さらに、アディダス独自のミッドソール・テクノロジーである「LIGHTSTRIKE」や「BOOSTフォーム」と組み合わされることによって、足の自然な屈曲と的確なポジションが得られるようにデザインされています。

アシックス

ASICS「METARACER™」

アシックス史上で初めてカーボンプレートを搭載したランニングシューズで、走行時のエネルギー消費を抑えながら効率的に足を前に運ぶ「GUIDESOLE (ガイドソール)」テクノロジーと、ランナーが安定し効率よく走り続けるために、アシックスが初めて搭載させた「カーボンプレート」とが組み合わされた機構をもちます。ミッドソールには、軽量で優れたクッション性の「FLYTEFOAM」を採用し、より快適なランニング体験を提供します。

ホカ オネオネ

ホカ オネオネ「ROCKET X」

HOKA ONE ONE「ROCKET X」

「ROCKET X」は、あらゆるスピード(ペース)に対応するレース用シューズです。反発性と推進力を高めるカーボンプレートを搭載し、素早く効率的で推進力のある走りを実現します。レース用に設計され、これまでにない最高のスピード感と軽さを体感できる、HOKAで最もエネルギッシュなシューズの1つです。

ホカ オネオネ「CARBON X 2」

HOKA ONE ONE「CARBON X 2」

2021年1月1日(金)に発売された「CARBON X 2」は、前モデルからアッパーからソールまで全面リニューアル。マチ付きのシュータンが軽さと足のホールド感を向上させ、カーボンプレートを内蔵したミッドソールと踵付近から始まるロッカー構造が、クッション性のある着地から推進力のある蹴り出しまでのスムースな体重移動を可能にします。

着地時の衝撃を軽減し、反発性の高いアウトソールも備えており、HOKAならではのテクノロジーを存分に体感できるモデルです。

ホカ オネオネ「CARBON X」

HOKA ONE ONE「CARBON X」

ホカ オネオネが、2019年5月に発売した「CARBON X(カーボン エックス)」は、ソールに内蔵されたカーボンファイバープレートとメタロッカー構造により、これまでにない新しい推進力を生み出します。 カーボンプレートをアウトソールの近くに配置することにより、さらに足をしっかりととらえながら、これまで以上にスムーズな着地から蹴り出しを可能にします。

2020年6月からは、シュータンを一体構造にし、ヒールのフィット感をアップさせた「CARBON X-SPE」も発売されています。

ニューバランス

ニューバランス「FUELCELL 5280」

NewBalance「FUELCELL 5280」

1マイルをフィートに換算した"5280フィート"からその名が付いたニューバランス「FUELCELL 5280(フューエルセル 5280)」。短い距離での高速レースを想定し、ハイレベルランナーがハイスピードで走れることに特化したシューズです。超高反発の新ミッドソール素材「FUELCELLフォーム」のミッドソールに、マルチダイレクションカーボンファイバープレートを組み合わせ、推進力を後押しします。

このシューズは、2019年9月にニューバランスオンラインストアで数量限定販売され、2020年6月に「ENERGYSTREAK PACK」として限定色が追加されました。

ニューバランス「FuelCell RC Elite」

NewBalance「FuelCell RC Elite」

ミッドソールは軽量かつ高反発な「FuelCell」を採用。トップアスリートがシリアスなレースで着用することを想定した、高いパフォーマンス性を実現しています。ソールに内蔵されたカーボンファイバープレートが、推進力を生み出してランナーをサポートします。

アウトソールには「NB HANZO」シリーズにも採用されるグリップ性に優れたダイナライドを使い、ウエットコンディションで滑りやすい路面をしっかり掴んでグリップします。アッパーのメッシュは、レースの間も快適さとフィット感を提供してストレスを低減します。

ニューバランス「FuelCell TC(Training Competition)」

FuelCell TC (Training Competition)

マラソンとトレーニング、両方のシーンで活用できるように開発されたのが「FuelCell TC」です。高い反発弾性を発揮するFuelCellミッドソールに、剛性を高めるフルレングスのカーボンファイバープレートを組み合わせることにより、高いランニングエコノミーを発揮するのが特徴です。アウトソール前足部にはラバーを採用し、耐久性と安定性を高めています。滑らかで通気性の良いメッシュアッパーは、暑い季節のレーニングにも対応します。

ミズノ

ミズノ「WAVE DUEL NEO」

MIZUNO「WAVE DUEL NEO(ウエーブ デュエル ネオ)」

「ウエーブ デュエル ネオ」は、走り方のフォームを変えずに、今まで以上に地面からの反発力が得られるシューズをテーマに開発されました。ミズノが独自に開発した高反発ソール素材「ミズノエナジー」を採用することで、ソールの反発性が向上しています。また、アッパー部を、ニット素材を使用したハイカット状にすることで、足首までの一体感を高め、安定した走りをサポートします。ハイカットモデルとは別に、通常のランニングシューズと同様のローカットモデルも販売されています。

ブルックス

ブルックス「HYPERION ELITE 2」

BROOKS「HYPERION ELITE(ハイペリオン エリート)」

「ハイペリオン エリート 2」は、世界のトップランナーに寄り添うをテーマに、ブルックスがランナーと共に4年の歳月を経て開発したシューズの後継モデルです。独自のミッドソール材「DNA FLASH」と可変式カーボンプレートを搭載し、安定感とスピードを両立させています。同ブランドのシューズよりも、走行中の足首やその付近のブレが少なく、レース後半まで走力を少しでも多く温存し、より速くより長く走れます。

サッカニー

サッカニー「ENDORPHIN PRO」

SAUCONY「ENDORPHIN PRO(エンドルフィン プロ)」

「エンドルフィン プロ」は、18か月におよぶテスト期間を経て誕生したランニングシューズです。軽量で耐久性に優れ、高い反発力を生み出すカーボン素材のプレートをフルレングスで搭載します。ミッドソールは、軽量でクッション性をもつ最新の素材 パワーランピービーを使った、レーシングモデルのシューズです。

サッカニー「ENDORPHIN SPEED」

SAUCONY「ENDORPHIN SPEED(エンドルフィン スピード)」

「エンドルフィン スピード」は、スピードに特化したモデルで、「エンドルフィン プロ」同様にプレートを搭載しますが、程よい柔らかさと柔軟性をもつ半硬式のナイロンの素材が採用されています。そのため、反発力では「エンドルフィン プロ」には劣るものの、柔軟性に優れて足への負担が軽減され、より長く走行することを可能にします。ミッドソールの素材は「PWRRUN PB」を採用し、レース本番用やスピードトレーニングに向いているシューズです。

プーマ

プーマ「DEVIATE NITRO」

プーマ「DEVIATE NITRO(ディヴィエイト ニトロ)」

「ディヴィエイト ニトロ」は、『誰でも履けるみんなの厚底』をコンセプトに、ビギナーランナーからトップ選手まで長時間のランニング効率を向上させるよう設計されています。テコの働きで着地から蹴り出しまでをサポートする硬めのカーボンプレートと、ソフトで反発性のある軽量ミッドソール「NITRO Foam」をソール全面に採用しています。

ザ・ノース・フェイス

ザ・ノース・フェイス「Flight VECTIV™」

ザ・ノース・フェイス「Flight VECTIV™」

2021年1月26日(火)に発売された「フライト ベクティブ」は、3Dカーボンプレートなどの最新のテクノロジーを搭載したトレイルランニングシューズです。3Dプレートには、カーボンファイバーを採用。反発弾性の高い 2層成型 EVAミッドソールと組み合わさり、安定とスピードという​相反する​特性を高い次元で両立します。トレイルで時速 9km前後で走るランナーにオススメです。

スケッチャーズ

スケッチャーズ「GOrun Speed Elite Hype」

スケッチャーズ「GOrun Speed Elite Hype」

スケッチャーズの最上位のパフォーマンスモデルにあたる「ゴーラン スピード エリート ハイパー」は、レースに勝つための競争力を提供するように設計された、超軽量の高性能シューズです。ミッドソールフォームの「HYPERBURST®」は、足への十分な保護機能を備え、応答性の高いクッションを提供。ミッドソール内に配置された独自のカーボンプレートは、高い剛性により推進力を追加し、安定性とネクストレベルのエネルギーリターンを促進します。