走ろう.com

「第70回記念 別府大分毎日マラソン大会(別大マラソン)」の概要と結果・速報 - 2022年2月6日開催

2022年2月6日(日)に、大分県大分市で「第70回記念 別府大分毎日マラソン大会(別大マラソン)」が開催されました。

レース結果

レースは、西山雄介が 2時間07分47秒で大会記録で優勝しました。2位には 鎧坂哲哉が 2時間07分55秒で入り、3位には 藤曲寛人が 2時間08分20秒で入りました。「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」進出の権利は 6位までの選手が獲得しています。また、女子の部では、視覚障がい者選手として参加した道下美里が 1位の 2時間57分20秒でゴールしました。

レース順位

  • 1位
    2:07:47
    西山 雄介(トヨタ自動車)大会新/MGC獲得
  • 2位
    2:07:55
    鎧坂 哲哉(旭化成)MGC獲得
  • 3位
    2:08:20
    藤曲 寛人(トヨタ自動車九州)MGC獲得
  • 4位
    2:08:30
    古賀 淳紫(安川電機)MGC獲得
  • 5位
    2:08:44
    相葉 直紀(中電工)MGC獲得
  • 6位
    2:08:51
    中西 亮貴(トーエネック)MGC獲得
  • 7位
    2:09:17
    赤崎 暁(九電工)
  • 8位
    2:09:59
    山口 武(西鉄)
  • 9位
    2:10:02
    兼実 省伍(中国電力)
  • 10位
    2:10:11
    大六野 秀畝(旭化成)

レース経過

  • START
    スタート前 11時の天候は晴れ。気温は 4.9度、湿度 41%、北西の風 5.9m。12時の号砲とともに選手が一斉にスタート。
  • 1km
    3分05秒で通過。ペースランナー5名を先頭に、40人程度の1位グループを作っている。
  • 5km
    15分11秒で通過。1位グループは 招待選手の大六野秀畝、市山翼、橋本崚らを含む42名。
  • 10km
    30分29秒で通過。1位グループは 37名。第一折り返し地点を過ぎ、向かい風から追い風に変わる。
  • 15km
    45分秒20で通過。追い風に乗りペースが上がる。
  • 16km
    1位グループにつけていた、青山学院大の横田俊吾が転倒するが、直ぐに復帰する。
  • 17.5km
    ペースメーカー 2名が、1位グループから離れて前方を走行し、他の 3名はグループについているため、ペースメイキングにばらつきが見られる。
  • 20km
    1時間00分25秒で通過。1位グループは 30名程度。20kmまでのペースメーカー1名が離れる。
  • HALF
    1時間03分39秒で通過。ゴール予想タイムは単純計算で 2時間07分18秒。
    後方では、女子の部の道下美里が 1時間27分00秒で通過。
  • -km
    ワークナー・デレセが棄権。
  • 25km
    1時間15分22秒で通過。ペースメーカー 2名が外れる。
  • 27km
    遅れる選手が増え始め、1位グループは 15名程度まで減ってくる。
  • 30km
    1時間30分31秒で通過。1位グループは大六野秀畝を先頭に、西山雄介、中西亮貴、赤崎暁、鎧坂哲哉、宮坂大器、伊勢翔吾、兼実省伍、橋本崚、古賀淳紫、鈴木忠、山口武、相葉直紀ら 13名。最後のペースメーカー 2名が外れる。
  • 31.5km
    橋本が遅れる。
  • 32.5km
    宮坂が遅れる。
  • 34km
    三海橋にかかったところで藤曲が仕掛ける。1位グループが縦長にばらける。大六野ら4名がついて行けず遅れ始める。
  • 35km
    1時間45分37秒で藤曲を先頭に通過。1位グループは、藤曲、古賀、赤崎、相葉、西山、鎧坂、中西。少し開いて大六野がつづく。第2折り返し点を通過し向かい風に変わる。
  • 35.7km
    折り返してからの三海橋で古賀がスパートをかけ、6名のグループが縦長になる。古賀との距離が空くが、鎧坂、西山、藤曲が後を追う。
  • 38km
    古賀が依然先頭を走るが、5秒程度離れて鎧坂、西山が遅れずについてくる。
  • 39.1km
    鎧坂、西山が古賀に追いつき、3名の 1位グループになる。先頭は西山が走る。
  • 40km
    2時間01分05秒で通過。1位グループは西山、古賀、鎧坂の順。
  • 40.2km
    西山が仕掛ける。鎧坂がついて行くが、古賀は少し遅れる。古賀の後ろからは藤曲が近づいてくる。
  • 41.5km
    西山と鎧坂は差は約7秒。
  • FINISH
    西山が 2時間07分47秒の大会記録で優勝をした。2位には 鎧坂哲哉が 2時間07分55秒で入り、3位には 藤曲寛人が 2時間08分20秒で入った。奮闘した古賀は 4位だった。視聴覚障がい者部門女子の道下美里は 2時間57分20秒でゴールした。

優勝インタビュー

<優勝者:西山 雄介(トヨタ自動車)>
- 初マラソン、大会新記録での優勝について
初マラソンということで、なにも怖いものがなく、自信をもって果敢に攻めるということだけを、考えて走りました。
ー 今回の 2時間07分47秒という記録について
いちおう目標が、初マラソン歴代最高記録を目標にしていたんですけど、5秒ほど足りなかった部分は少し残念ですけど、世界陸上の派遣設定タイムはクリアできたので、そこのところは良かったと思います。
ー MGC出場権の獲得について
ここで一発で決めたいという気持ちがあったので、ここから MGCまで長い期間が取れるので、本当に良かったと思います。
ー 今後の目標について
今回、初マラソンで、しっかり走れたんですけれども、ここからまだ 2回目、3回目としっかり走れるように、また世界見据えて頑張っていきたいと思います。

レース関連動画

大会概要

別府大分毎日マラソン大会

「別府大分毎日マラソン大会」は、2021年大会が新型コロナウイルスの感染拡大の影響で 1年延期になったため、2022年大会が 70回記念大会として開催されます。2022年大会も依然コロナ禍にあり、2022年1月21日(金)に大会規模の縮小の告知がなされ、招待選手を含めたカテゴリー1(公認記録2時間30分以内)・とペースメーカー・IPC登録ブラインドランナー・大分在住者の 543名に限られることになりました。

同大会は、2021年に創設された「ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズ」のシーズン1 における “グレード1(G1)” に指定される大会で、パリ五輪に向け 2023年に開催される「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場選考の指定大会になります。今大会の「MGC」出場権獲得の条件は、日本人1~3位で 2時間10分00秒以内、4~6位で 2時間09分00秒以内もしくは、順位に関係なく 2時間08分00秒以内になります。

また、2022年7月にアメリカのオレゴン州で開催される「世界陸上競技選手権大会」の日本代表選手選考競技会にもあたり、派遣設定記録の 2時間07分53秒を突破し、日本人 2位以内の選手が日本代表の候補になります。さらに「杭州2022アジア大会」の選考競技会も兼ねています。

大会情報
大会名
第70回記念 別府大分毎日マラソン大会(通称:別大マラソン)
日 時
2022年2月6日(日)12時00分 スタート
開催地
大分県大分市
距 離
42.195km
URL
https://www.betsudai.com/
前回大会(2020年) トップ3
1位
ハムザ・サリ(モロッコ)
2位
アブデラ・ゴダナ(エチオピア)
3位
吉田 祐也(青山学院大)

開催地とコース

開催地は大分県大分市。高崎山下海岸にある水族館「うみたまご」前をスタートし、別府湾沿いのルートを走り、大分市営陸上競技場でゴールする 42.195km。高低差は 10m程度とフラットですが、海風の影響を受けやすいコースです。

第70回記念 別府大分毎日マラソン大会 コース図コース紹介 | 別府大分毎日マラソン大会

主な参加選手

国内招待選手
  • 大六野 秀畝(旭化成)
  • 市山 翼(小森コーポレーション)
  • 細森 大輔(YKK)
  • 藤曲 寛人(トヨタ自動車九州)
  • 藤川 拓也(中国電力)
  • 小山 裕太(トーエネック)
  • 橋本 崚(GMOインターネットグループ)
  • 北島 寿典(安川電機)

放送・配信の情報

テレビ放送
放送局
TBS系列 全国28局ネット
番組名
70回記念 2022別府大分毎日マラソン
日 時
2022年2月6日(日)11時50分~ 14時24分
URL
https://rkb.jp/tv/betsudai_tv/
ラジオ放送
配信局
RKBラジオ OBSラジオ2局ネット
日 時
2022年2月6日(日)11時50分~ 14時59分
ネット配信
配信局
RKB毎日放送公式チャンネル
日 時
2022年2月6日(日)11時50分頃から
URL
https://youtu.be/YIaBIpAH3pg

選手検索

参加ランナーの追跡は、大会ホームページと、スマートフォンアプリ「応援navi」で行われる予定です。選手名、ゼッケンで検索ができ、ラップタイムなどの情報を見ることができます。