大会結果の数値が示す「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」の驚異的な実績

ニューヨークシティマラソン シャレーン・フラナガン選手

ナイキがフルマラソンの2時間切りを目指して、2017年5月に開催された「BREAKING2」。“サブ2”というミッションの達成はならなかったが、ケニアのエリウド・キプチョゲ選手は、“2時間0分25秒”という非公認ながらも驚異的なタイムで42.195kmを走りました。その時に履かれていたシューズが、各選手にあわせてカスタマイズがされた「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート」です。そして、その技術が還元されたシューズの最高峰モデルが「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」になります。

このシューズは、平均で4%のエネルギーコストを下げた効率性に優れたシューズで、「Nike ZoomX」による驚異的なくっしょニングと推進力をもたらします。

2017年の夏に発売された「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」は、多くのトップアスリートに愛用され、世界のマラソン大会でも上位に入賞するなど、着用しているアスリートの実力とともに、シューズの持つ性能が証明されるようになりました。

「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」のワールドマラソンメジャーズでの実績、その1

上の図は「ワールドマラソンメジャーズ」の対象となる、世界を代表する6つのマラソン大会で「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」を着用した選手が獲得した、表彰台のポジションを表したものです。東京マラソンの女子の部を除いた全ての大会でベスト3に19人が入り、そのうち優勝は7回を数えます。また、2017年の東京マラソンの開催された2月には、既に「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」がレースに投入されていたことに気もづかされます。

「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」のワールドマラソンメジャーズでの実績、その2

次の図では、6つの大会で36あるトップ3の座のうち「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」を使った割合をグラフィック化して表しています。また、ボストンマラソンでは男女のトップ3の83%を占め、ベルリンマラソンではエリウド・キプチョゲ選手がワードメジャーで最速の2時間3分32秒を記録し、シカゴマラソンとニューヨークシティマラソンでは双方で12あるトップ3の座のうち8つを獲得し、ニューヨークシティマラソンの女子の部では、1977年以来40年ぶりにアメリカ人のシャレーン・フラナガン選手が優勝を果たしました。いづれも「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」を履いた選手が作った記録です。

福岡国際マラソンでも「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」が活躍

2017年12月3日(日)に開催された「福岡国際マラソン」でも、日本人トップの3位に入った大迫傑選手をはじめ、優勝したモ​ー​エ​ン選手、2位のキ​プ​ロ​テ​ィ​ク選手もともに「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」を履いていました。

「第71回福岡国際マラソン」の結果
1位 ソ​ン​ド​レ​ノ​ー​ル​ス​タ​ッ​ド​・​モ​ー​エ​ン(ノ​ル​ウ​ェ​ー)2​:​0​5​:​4​8
2位 ス​テ​ィ​ー​ブ​ン​・​キ​プ​ロ​テ​ィ​ク(ウ​ガ​ン​ダ)2​:​0​7​:​1​0
3位 大​迫​ 傑(日本・N​i​k​e​ ​O​R​P​J​T)2​:​0​7​:​1​9

大迫選手の福岡国際マラソンに関するツイートでは「ナイキ ズーム フライ」を持っている画像がアップされていますが、実際にレースで履いたシューズは「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」のようです。

「ナイキ ズーム シリーズ」ラインナップ

「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」、「ナイキ ズーム フライ」の2商品は、人気モデルのため在庫がない場合が多く入手しにくい状態です。

しかし、アッパー部の“Flymesh”やソールの“Zoom Airユニット”などの機能を装備した「ナイキ エア ズーム エリート 9」、「エア ズーム ペガサス 34」、「ナイキ エア ズーム ストラクチャー 21」は在庫がある場合が多く、走力に合わせたモデル選びが出来ます。

関連記事

おすすめ商品