走ろう.com ロゴ

シューズのタイムランキングが発表される「シューズマニア2020」が、12月に大阪と千葉で開催

シューズマニア2020

イベントの企画・運営をする「スポーツワン」は、日本初となる “最速シューズを決定するマラソン大会” として『最速シューズ決定マラソン大会 シューズマニア2020』を、2020年12月13日(日)に大阪と千葉の 2つの会場で同時開催します。

『シューズマニア2020』は、参加者が大会当日に着用するシューズのブランド・モデルをエントリー時に登録することで、通常のタイム計測に加え「シューズブランド」「シューズモデル」ごとのタイムランキングを発表する、日本初の大会です。ランナー自身が自らの記録に挑戦しながら、シューズよるランキングにもタイムが反映されていくため、1度で2回楽しめる内容になっています。

『シューズマニア2020』の特徴

シューズブランド・モデルごとのタイムランキングを日本初公表

各シューズメーカーが、厚底シューズやカーボンプレート装備などの高性能なシューズをランニングシューズを次々に発売し、選手が使用しているシューズに注目が集まるようになりました。そこで『シューズマニア2020』では、大会でのシューズブランド・モデルごとのタイムランキングを日本初公表をします。

大会当日は、各シューズブランドの最新モデル展示や、シューズ試し履きブースも設置を予定し、大会名の通り「シューズマニア」のための企画が用意されています。

記録に挑戦できるようペースメーカーを導入

開催種目は、フルマラソン、ハーフマラソン、10kmマラソンの 3種目。各種目で、サブ3、サブ80、サブ90達成者には、オリジナルTシャツが贈呈されます。また各種目の優勝者には、シューズの購入のサポート費が贈られます。フルマラソンは 3万円分相当、ハーフマラソンは 1万5千円分相当、10kmは 5千円分相当が進呈されます。

大会では参加するランナーがより良い記録に挑戦できるように、ペースメーカーを導入しています。

ニューノーマル対応の新型コロナウイルス対策

『シューズマニア2020』は、新型コロナウイルス対策を施したニューノーマル対応が適用されます。新型コロナウイルスの影響により本大会を中止とした場合、参加費は全額返金されます。また、参加者が安心して大会に参加できるよう、入場時の検温やスタッフのマスク・ポリ手袋着用、消毒対応、三密防止などの安全対策を実施したうえで開催されます。

『シューズマニア2020』大会概要

大会概要
名 称
最速シューズ決定マラソン大会 シューズマニア2020
開催日
2020年12月13日(日)
開催地
大阪大会 淀川河川公園西中島地区
千葉大会 稲毛海浜公園
種 目
10km、ハーフマラソン、フルマラソン
参加費
<10kmマラソン>
 早割 3,800円、通常 4,300円
<ハーフマラソン>
 早割 5,000円、通常 5,500円
<フルマラソン>
 早割 6,000円、通常 6,500円
※早割は、11月15日まで
申込締切
2020年12月6日(日)
申込方法
スポーツワン イベントページより

【大阪大会】シューズマニアマラソン2020 大阪大会
https://sportsone.jp/running/srt/stocks/2020/srt20201213_134688.html

【千葉大会】シューズマニアマラソン2020 千葉大会
https://sportsone.jp/running/srt/stocks/2020/srt20201213_134689.html