走ろう.com ロゴ

ランニングを始めるなら春がオススメ!暖かくなる春シーズンに走り始めると良い理由

春シーズンは、ランニングを始めるのに適している季節です。気候が暖かくなることや、年度が替わり物事の節目になるなど、ランニングを始める動機づけとなる理由が見つけやすいためです。

何か新しいことを始めようと思っている人や、コロナ禍で運動不足を感じている人は、春から心機一転してランニングを始めてみませんか。

春にランニングを始めると良い理由

理由1:環境が変わる

スタートライン

春は年度が替わることで、進学や就職や引っ越しなどのイベントがあり、周囲の環境が変化する人が多くいます。そうした変化により、新しい生活習慣のスタートがきれるため、ランニングを生活の一部に取り入れやすくなります。

理由2:気候が暖かくなる

気候が暖かい様子

春は暖かくなり気温が上がってくるため、カラダを動かしてスポーツを始めるにはちょうど良い季節になります。気温が上がることに加えて、太陽が出ている時間が長くなり、明るい時間に走りやすくなるとともに、日が沈んでも冷えが緩和されるため、日没後も走りやすくなります。また、暖かくなることで、怪我などのリスクも少なくなります。

寒さを感じずに屋外で活動できるようになることは、走りに行く時のハードルが1つ減るため、気持ちの面でもプラスに働いてくれます。

理由3:ランニングのアイテムを揃えやすい

ランニングシューズ

暖かくなれば、ランニングには軽装で出かけられます。そのため、寒いシーズンにランニングを始めるよりも、揃えるアイテムが少なく済み、暖かいアウターなどの高額アイテムも必要がないため、出費を抑えてランニングを始めることができます。

また春先には、各メーカーから発売される春夏モデルの新作のアイテムが発売されます。お気に入りのアイテムを見つけてコーディネートするというのも、ランニングの楽しみの一つとしてオススメです。

理由4:秋シーズンの大会を目標にできる

マラソン大会 イメージ

春には、秋シーズンに開催されるマラソン大会のエントリーが始まります。10月以降の大会であれば、開催日まで半年程度あるため、完走に向けて十分なトレーニングの時間がとれます。初心者ランナーであっても、半年間しっかりトレーニングを積んでいけば、完走できるだけの体力を身につけることが可能です。

春にランニングを始めるのは、トレーニングのスケジュールを立てやすいメリットもあります。春の間に基礎になる体力をつけておけば、暑い夏シーズンの走り込みでのスタミナアップにつなげることができます。

理由5:夏に向けてカラダを引き締める

引き締まったカラダ

夏に向けて薄着になっていくと、体形が気になる人にはランニングをすることがオススメです。ランニングは短期でのダイエットには向いてはいませんが、長期的にやっていくことで結果に結びつきやすくなります。また、食事のコントロールを同時に行えば、さらに成果が出やすくなります。ダイエットを考えるのであれば、夏本番まで時間がある春からランニングに取り組んでいくと良いでしょう。

理由6:自律神経を調整する

横顔の女性

寒い中で体温を保つため交感神経が優位になりやすい冬から、暖かくなり副交感神経が優位になりやすい季節に向かう春は、自律神経が不安定になりやすい時期にあたります。この変化に対応できないと自律神経が乱れ、体調を崩してしまうことがあります。

日中にランニングをすることは交感神経を活発にさせて、自律神経の活動にメリハリがつけられるため、自律神経のバランスを整える助けになります。

理由7:新番組にあわせて走り出す

テレビ番組 イメージ

春は番組改編の季節です。ランニングが長く続かない人は、ドラマやアニメの新番組が始まるとともに、走り始めてみることをオススメします。

ドラマやアニメの1クールは3か月。2クールであれば半年です。新番組が始まるのにあわせてランニングを始めて継続していけば、最終回を迎える頃には、ランニングが習慣化されているかもしれません。もし見ていた番組が、主人公の成長を描く物語であれば、主人公のレベルアップとともに、あなたの走力もレベルアップしているはずです。

理由8:単純に走りやすい

新緑の中を走る女性

春からランニングを始めることがオススメなのは、単純に走りやすいというのが一番の理由です。花粉や春の強風などの走りにくい要素はあるものの、春の晴れた日のランニングは、気持ちの良いものです。新緑の中で季節の変化を感じつつ、無理せずのんびりと走ってみれば、ランニングの楽しさに気がつくかもしれません。

春にランニングを始めるデメリット

悩ましい感じの人物

花粉が飛んでいる

春は花粉が飛ぶ季節です。地域差はありますが、スギやヒノキの花粉が活発に飛び、花粉症の人はその症状が現れ、屋外でのランニングが辛くなります。その場合は、ランニング用のマスクなどで花粉対策グッズを使って、症状の出ている箇所をなるべく花粉に触れないようにして走ります。

風が強い日がある

春先は、寒気と暖気の入れ替わりが頻繁に起こるため、風が強く吹く日が度々あります。走れないというわけではありませんが、逆風になったり、強風に煽られたりすることがあり、走行が困難になります。こういう日は、走るのを止めて、ストレッチや休息日にあてると良いでしょう。

紫外線の量が増える

暖かくなるのにつれ、日焼けのや肌荒れをもたらす紫外線量は増えていきます。春でも晴れている日は、比較的強い紫外線が降り注いでいます。日焼けが気になる人は、早い時期から日焼け止めを塗るなどして、対策をするようにしましょう。