ワークアウト向けの小型サイズの G-SHOCK「GBD-200」が 7月16日(金)に発売

カシオ G-SQUAD GBD-200

カシオの耐衝撃ウオッチ “G-SHOCK” のスポーツライン “G-SQUAD” から、ワークアウト時に使いやすいようにスリム化が図られたケースを採用した「GBD-200」を、2021年7月16日(金)に発売します。

「GBD-200」は、“G-SHOCK” ならではの堅牢さを感じさせる角型ケースを採用したモデルです。ワークアウトや日常生活で着けやすいように、初代モデルよりよりもスリムでフラットで、サイズの小型化が図られ、重量が11g減の 58gになりました。腕へのフィット感を高めるため、バンドには通気性と柔軟性に優れたソフトウレタンを採用。バンドの穴は5mm単位で細かく調整ができ、バンドとケースの繋ぎ目付近に、通気性確保のための穴を設けたことで、汗を逃がして蒸れを抑えられます。

カシオ G-SQUAD GBD-200

ウォッチ自体には GPSはありませんが、スマートフォンのGPS機能と連携することで、ウォッチ内蔵の加速度センサーが計測した距離を補正します。一度補正をすることで、次回からウォッチ単体でも、加速度センサーにより高精度な走行距離の計測を可能にします。

専用アプリ「G-SHOCK MOVE」と連携すれば、歩数やカロリー消費量のライフログ、アクティビティ履歴なども確認でき、毎日のワークアウトをサポートてくれます。

商品概要
商品名
GBD-200
価 格
22,000円(税込)
サイズ
49.4×45.9×15mm(縦×横×厚さ)
重 さ
58g
電 源
電池式
  • [カシオ] 腕時計 ジーショック GBD-200-9JF メンズ
    ¥17,900(税込)2024-05-30 00:01:27 時点

    初代G-SHOCKから受け継がれたスクウェアフォルムに、加速度センサー、距離計測機能、スマートフォン連携機能を搭載し、ランニングなどのアクティビティをサポート。タフネスデザインとスポーツテックの融合で、アクティブなライフスタイルを応援するトレーニングギア。

関連記事