走ろう.com ロゴ

幅広いスポーツやスマート機能に対応する次世代 G-SHOCK「GSW-H1000」が 5月15日より発売

G-SQUAD PRO GSW-H1000

カシオは、堅牢でデザイン性をもつウォッチ「G-SHOCK」に、マルチスポーツやスマート機能に対応した「G-SQUAD PRO "GSW-H1000"」を、2021年5月15日(土)に発売します。

「GSW-H1000」は、スポーツに特化した “G-SQUAD” シリーズの最上位モデルとして、ランニング、ロードバイク、水泳や、屋内ワークアウトから、サーフィンやスノーボードなどのエクストリームスポーツまで、幅広いシーンで活躍してくれるウォッチです。最新のシステム “Wear OS by Google” を搭載したことで使いやすさが向上し、G-SHOCKならではのデザイン性とタフネスさを備えています。

G-SQUAD PRO GSW-H1000

光学式の心拍計センサーや、GPS、各種のセンサーにより、ランニングの追跡が可能です。別売りのモーションセンサーを使い、アシックスと共同で開発したパーソナルコーチングサービス「Runmetrix(ランメトリクス)」を利用することで、フォームを分析や改善点などのトレーニングの質を高める情報の提供が受けられます。

ディスプレイは、モノクロ液晶とカラー液晶を重ねた二層構造を採用。マルチインフォメーション表示により、上中下の3段に個別の情報表示設定ができ、数百通りにもカスタマイズが可能で、好みの情報を素早く確認できます。

商品概要
商品名
G-SQUAD PRO GSW-H1000
価 格
88,000円(税込)
サイズ
65.6 × 56.3 × 21.3 mm(縦×横×厚さ)
重 さ
103g
発売日
2021年5月15日(土)

「GSW-H1000」の特徴

シーンによって選べる表示

G-SQUAD PRO GSW-H1000

時刻などの常時表示に適したモノクロ液晶と、地図・計測情報などを高精細に表示するカラー液晶を重ねた二層構造ディスプレイを採用。表示する情報を、上中下の3段で数百通りにもカスタマイズできるデジタル表示のほか、アナログ時計表示もできるため、シーンに応じて選択できます。

モーションセンサーと連携

G-SQUAD PRO GSW-H1000

モーションセンサー「CMT-S20R-AS(別売)」と接続して、ランニング時のフォームチェックが可能です。走行中、モーションセンサーで解析したランニング指標を手元でリアルタイムに表示します。モーションセンサーで計測したデータをスマートフォンの専用アプリ「Runmetrix」に転送することでフォームを分析し、ひとりひとりにあった改善点の把握やトレーニングの質を高めるのに役立ちます。Wear OS by Google用アプリ「Runmetrix」は、2021年6月提供開始予定です。

マルチスポーツに対応

カシオ独自のアプリにより、15種のアクティビティと24種の屋内ワークアウトに対応。心拍計測が可能な光学式センサーに加え、方位・高度/気圧・加速度・ジャイロセンサーを搭載し、GPS衛星から位置情報を取得することで、走行ルートや距離、速度など幅広いスポーツをサポートするデータを計測します。

“G-SHOCK”ならではのタフネス性能

“G-SHOCK” 独自の耐衝撃構造や防水性能を備え、マイクや充電端子を装備しています。20気圧防水に耐えるガラスの厚みを保ちながら、スムーズな画面のタッチ操作にも対応します。裏蓋には耐食性に優れたチタンを使用し、チタンカーバイト処理で耐摩耗性が強化されています。

Wear OS by Googleを搭載

Wear OS by Google搭載により、Google アシスタントや、メール・電話着信などの各種通知に対応します。Google Fit™、Google マップ™をはじめとした多彩なGoogleアプリサービスの利用ができます。