暖かくなる春に走りだすと良い6つの理由

ランニングは、オールシーズン始められるスポーツですが、春は走り始めるのに、ちょうど良い季節です。日差しが暖かくなっていき、新緑の季節を迎るにつれて、寒さを感じず快適なランニングができるようになります。

春の温かさを感じながら走る

春の温かさを感じながら走る

春は気温が上がり、寒さを感じる日が少なくなっていくため、外に出て運動するというハードルが下がってきます。冬場の寒さで、ランニングを控えていたランナーも、春の日差しのもとランニングを楽しめる季節がやってきます。

暖かさとともに、太陽が出ている時間も長くなり、朝や夕方の時間帯のランニングも行いやすくなります。

夏に向かってダイエット

夏に向かってダイエット

ランニングする人の中には、ダイエットを目的にしている人も多くいるでしょう。冬場にため込んでしまった脂肪は、定着させずに早めに落としていくに限ります。カラダのラインがわかりやすくなる夏に向けて、春先からランニングなどの運動で脂肪を減らし引き締めていけば、理想のボディーに近づけるかもしれません。

秋の大会を目標にしやすい

秋の大会を目標にしやすい

マラソン大会の完走を目指すなら春はちょうど良い時期にあたり、秋から初冬に開催されるマラソン大会の申し込みが多くあります。

大会にはエントリーをしてから、本番を迎えるまでに半年程度あり、トレーニングする時間が十分とれるため、完走や自己記録更新などの目標の達成がしやすくなります。

秋から初冬に開催される主な大会
  • 2019年8月25日(日)北海道マラソン2019
  • 2019年10月6日(日)第3回 松本マラソン
  • 2019年10月12日(土)東北・みやぎ復興マラソン2019
  • 2019年10月27日(日)金沢マラソン2019
  • 2019年11月10日(日)横浜マラソン2019
  • 2019年11月17日(日)神戸マラソン2019
  • 2019年12月1日(日)第9回 大阪マラソン
  • 2019年12月1日(日)第35回 NAHAマラソン
  • 2019年12月8日(日)ホノルルマラソン2019

春夏モデルの新作アイテムが出揃う

春夏モデルの新作アイテムが出揃う

暖かくなり、暑い夏に向かうこのシーズンは、ランニングシューズやウェアなどの、新作アイテムが多く発売されます。新しいお気に入りのランニングアイテムを購入して、心機一転して走りだしましょう。

春の新番組に合わせて走り出す

春の新番組に合わせて走り出す

春は番組改編の季節です。ランニングが長く続かない人は、ドラマやアニメの新番組が始まるとともに、走り始めてみることをおススメします。

ドラマやアニメの1クールは3か月。2クールであれば半年です。1クールの番組が始まるのと合わせて走り出し、最終回までは走り続けてみてください。最終回を迎える頃には、ランニングが習慣化されて生活の一部にことでしょう。もし、内容が成長を描く物語であれば、主人公のスキルアップとともに、あなたのランニングスキルも成長していきます。

自律神経を調整する

自律神経を調整する

寒さのため体温をキープするため交感神経が優位になっている冬から、暖かくなり副交感神経が優位になりやすい春に向かう春は、自律神経が不安定になりやすい時期になります。この変化に対応できないと自律神経が乱れ、体調を崩してしまうことがあります。

日中にランニングをすることは交感神経を活発にするため、自律神経のバランス整える助けになります。

春のランニングのマイナスの側面

春のランニングのマイナスの側面

花粉が飛んでいる

春は花粉が飛ぶ季節です。地域差はありますが、スギやヒノキの花粉が活発に飛び、花粉症の人は花粉症の症状が現れ、屋外でのランニングが辛くなります。

風が強い日がある

春先は、寒気と暖気の入れ替わりが頻繁に起こるため、風が強く吹く日が度々あります。走れないというわけではありませんが、逆風に煽られたり走行が困難になります。

紫外線の量が増える

暖かくなるのにつれ、太陽からの紫外線量が増えていきます。春でも晴れている日は、比較的強い紫外線が降り注いでいます。日焼けが気になる人は、早い時期から日焼け止めを塗るなどして、対策をするようにしましょう。

PR

強力な紫外線から肌を守る乳液。ウォータープルーフタイプで、汗・水に強いので、海・山・スポーツ時にも落ちにくく、紫外線カット効果が長続き。SPF50+/PA++++【顔・からだ用】。

関連記事