雨の日でも走りたい!防水・撥水仕様のランニンググッズを使って快適に雨の中を走ろう

雨の日のイメージ

雨が降る日は、走りたい気持ちがあっても濡れたくなくて、ランニングに出かけるのは諦めてしまい、ちょっと残念な気持ちになることがあります。そういった日は切り替えて、積極的に休息日として使ったり、補助トレーニングやストレッチをしたりカラダのメンテナンスに充てればよいのですが、雨の日が続いてしまったり、大会に向けての走り込みの時期だった時などは、休んでばかりもいられません。

そんな時にあると便利なのが、雨の日に活躍する防水・撥水が施されたランニングアイテムです。これらのアイテムを選ぶポイントは、雨の水滴をはじく防水・撥水機能のとともに、自分がかいた汗などの湿気がウェア内に留まらように外に逃がす透湿性です。両方の性質を併せもつ素材の GORE-TEX(ゴアテックス)を使用したものや、アウトドアメーカーが独自の防水透湿素材を使ったアイテムを選べば、水滴を弾き、こもる湿気を排出し快適性を保ってくれます。

こうしたアイテムを使うことで、雨の中のランニングでも思いのほか快適に走ることができます。

【雨用ランニングアイテム】

撥水加工のランニング用のフードジャケット

ランニング向けのフードジャケットは、通常のレインウェアと異なり、雨の日に快適にランニングできるよう工夫されたつくりをしています。雨を弾きながらも、汗などでウェア内ににこもる湿気を外に逃がすような素材が使われているため、ウェアによる不快さを感じにくくなっています。また、トレイルランニングや長距離ランで携帯がしやすいよう、軽量でコンパクトな収納に対応している商品もあります。しかしながら、軽量なものは薄く耐水圧が若干落ちるため、強い雨の場合は水がしみてくることがある点は気を付けたいところです。

GORE-TEX仕様のランニングキャップ

雨の日にキャップを被ることで、顔に当たる雨粒を防ぎ、ランニング時の視界をクリアにしてくれます。フードジャケットと一緒に使いたいアイテムです。

GORE-TEX仕様のランニングシューズ

防水仕様のゴアテックスのシューズであれば、小雨程度であれば浸水してくることはほとんどなく、足元がグシャグシャにならずに、ドライ状態でランニングできます。

防水ランニングソックス

ソックスが防水であれば、靴下経由でシューズの中に入ってくる雨水を防ぐことができ、安心して雨の日のランニングを楽しめます。

楽天ウェブサービスセンター