GPSウォッチ「SUUNTO 9」は、ロングレースでも安心な最長120時間までバッテリーが持続

Suuntoさん(@suunto)がシェアした投稿 -

アスリート向けのGPSウォッチの一つの悩みは、バッテリーの持続時間でした。フルマラソンであれば問題ないものの、ウルトラマラソンやウルトラトレイルなどの超長距離レースをカバーするには、持続時間に不安を感じるものでした。

2018年6月26日(火)に発売される、SUUNTO(スント)のニューモデル「Suunto 9」では、GPSウォッチのバッテリー継続時間を改善し、最長120時間までの駆動を可能にしました。

「Suunto 9」のGPSを使用するトレーニングモードには、パフォーマンス、エンデュランス、ウルトラの3つのバッテリーモードが用意され、モードにより25時間から最大120時間のレコードができます。さらに、個々のニーズに最適化したカスタムバッテリーモードの作成ができ、バッテリー残量に応じて自動的により長く持続できるモードに変更する管理システムを持ちます。

機能では、80以上のスポーツに対応し、ライフログや睡眠分析までカバーするなどとても多機能です。また、光学式心拍計を内蔵し、様々なトレーニング機能を持ちます。

「Suunto 9」の販売は、2018年6月26日(火)より開始されます。プレオーダーキャンペーンとして、6月5日(火)より公式オンラインストア、サロモンスント直営店および、一部の販売店で予約購入した人を対象に、スントオリジナルのモバイルバッテリーがプレゼントされます。

Suunto 9|SUUNTO|製品情報
http://www.suunto.com/ja-jp/suunto-collections/suunto-9/

楽天ウェブサービスセンター