アメリカ、ヨーロッパで人気のシューズブランド「361°」が、日本での販売を開始

361°(スリーシックスティワン)

アメリカ、ヨーロッパで販売し、人気のランニングシューズ「361°(スリーシックスティワン)」ブランドの⽇本での販売が、2020年3⽉より開始されます。

「361°」は、既にアメリカ、ヨーロッパでは数々のランニングシューズに関するアワードを受賞するなど、アメリカでは広く知られているブランドです。日本でも、並行輸入品としてAmazonなどで取り扱いがありましたが、プレミア価格で販売されていたため入手しにくい商品でした。今回、独占販売権の取得したゼット株式会社では、同社の販売ネットワーク通じて、全国のランニングショップ、スポーツショップ、専門店を中⼼に販売していきます。

「361°」のランニングシューズは、シンプルでスタイリッシュなシルエットをもち、機能性が高いことが特徴です。フィット感の向上が追究されており、⾜を⼊れてみると、アッパーが優しく⾜を包んでくれて履き⼼地の良さを体感できます。独⾃に開発した素材のミッドソールは、衝撃吸収と推進⼒を⾼いレベルで両⽴しており、スムーズな⾜運びを実現します。

SPIRE 4(スパイアー 4)SPIRE 4(スパイアー 4)

「361°」を代表するモデルの『SPIRE 4(スパイアー 4)』は、究極の快適性を追求したクッション性重視のニュートラルポジションのランニングシューズです。価格は 16,800円(税抜)です。

361 Degrees │ 361°(スリーシックスティワン) ジャパン
https://361sport.jp/

ツイッター アカウント
@361japan