アラフィフランナー必見!経験豊富なトレイルランナー鏑木毅の書籍「50歳で100km走る!」が 1月31日に発売

鏑木毅 著「50歳で100km走る!」

トレイルランニング界のカリスマ的な存在の鏑木毅氏が、書籍「50歳で100km走る!」を、2022年1月31日(月)発売します。

鏑木氏は、かつて3位に入賞をした経験をもつ 100マイル(160km)のトレイルランニングレース「ウルトラトレイル・デュ・モンブラン(UTMB)」に、2019年に 50歳にして再び挑戦し、125位で完走をしました。鏑木氏は「自身の加齢とともに体に起きる変化」を調べ、それを克服するためのトレーニングを実施した結果として、2019年の「UTMB」の挑戦で完走し、52歳になった今でもプロトレイルランナーとして現役で活躍しています。

鏑木氏は、自身の加齢によるカラダの変化から、「50歳を過ぎてから長距離が強くなるためには『速筋』を鍛えるべき」と考え、トレーニング方法を大幅に変更したところ、50歳を過ぎても強くなれるノウハウを得ることに成功しました。また、それ以外にも食生活の改善やリカバリー方法の見直しを行った結果、今でも 100kmを超える長距離トレイルを走れるカラダを手に入れています。

また、鏑木氏は主催するトレイルランニングチーム「チーム100マイル」を運営する経験を通して、運動生理学的に 60歳くらいから人間の運動能力や筋力は大きく落ち込むことについて「裏を返せば、50代はまだまだ強くなる余地は十分あるとも言えます。そして 50代で適切なトレーニングを行って高めた持久力や脚力は急激には落ちることはありません」と語ります。

鏑木毅 著「50歳で100km走る!」

この書籍では、こうした鏑木氏の豊富な経験を通して体系化された、トレーニングの方法など写真入りでわかりやすく紹介しています。

主な内容
  • 50歳くらいから急速に筋力は低下する。でも、50歳ならまだ間に合う!
  • たくさん走らなくても、100km走破は目指せる!
  • 老化のメカニズムを知れば、運動機能を維持することはできる!
  • 糖質制限と抗酸化こそが鍵!
  • 100km走れる自信が、世界を変える!
  • 50歳で100km走る [鏑木 毅 (著)]
    ¥1,650(税込)2024-06-24 00:00:08 時点

    過去の実績とは無関係に襲ってくる、「老化」。著者はいかにして「老化」による「運動機能低下」に立ち向かったのか? 経験から導いた、誰でもできる「50歳でも100km走る」能力を持つための身体再生戦略をここに紹介。