ナイキの定番シリーズの最新モデル「ナイキ エア ズーム ペガサス 37」が4月28日より発売

ナイキ エア ズーム ペガサス 37

ナイキは、長年多くのランナーに愛用されてきたランニングシューズ「ペガサス」をアップデートした最新モデル「ナイキ エア ズーム ペガサス 37」を、2020年4月28日(火)より発売します。価格は 14,300円です。

37代目となる「ナイキ エア ズーム ペガサス 37」は、前足部の「ズーム エア ユニット」を内蔵した、高反発で日々のトレーニングシューズに適したシューズです。

このモデルではミッドソールが見直され、軽量で高反発をもち耐久性に優れる「Nike Reactフォーム」を採用。前モデルでは、フルレングスに「ズーム バッグ」を配置していたものを、地面からの突き上げが大きい前足部のみの配置へ変更。「ズーム バッグ」を前モデルの2倍程度の厚みにすることで、より大きなエネルギーリターンをもたらします。また、メンズ用とウィメンズ用で「ズーム バッグ」の圧力の微調整を行うなど、特性にあわせた開発が行われています。

ナイキ エア ズーム ペガサス 37 の構造図

  • ① 耐久性のあるエンジニアード アッパーの一部に通気性を高めるメッシュ構造を取り入れています。
  • ② 前足部のズーム エア ユニットは、男性・女性それぞれの好みに合わせた設計になっています。
  • ③ ナイキ リアクト フォームが、柔らかく、よく弾み、持続性のある最適なクッション性を提供します。

「ナイキ エア ズーム ペガサス 37」は、従来モデルと同様に、快適さとフィット性を高めることにフォーカスされており、シューズの特徴やデザインはランナーに好まれるフィット感と履き心地を実現しています。すばやく簡単に着脱できるフライイーズのエントリーシステムを搭載したモデルも用意されるので、お好みに合わたチョイスが出来ます。

自身もペガサスを愛用する、新谷仁美選手(積水化学)は、次のように語っています。

新谷仁美選手(積水化学)

「ペガサスは、反発性に優れているのにとても柔らかくクッション性にも優れ、率直に履いていて気持ちいいと思えるシューズです。ロングランニングなどの練習の際にペガサスを愛用しています。レースではいわゆるナイキの厚底シューズを愛用していますが、そこで最大限の力を発揮するために、きちんとトレーニングを積む上で、安心して距離も走れるペガサスなどで練習することが重要です。ペガサスは、ソールがしっかりしているので安定したフォームで走ることができます。反発性と安定感が相まって、スピード練習にも適していると思います。また、ロングランニングだけでなく、クロスカントリーといった不安定な場所でもおすすめな一足です。私は足底筋膜炎でかかとが痛くなってしまうのですが、ペガサスなら硬いアスファルトの上でもストレスなく走る事ができます。」