コロナ禍で延期されていた「2020 ロンドンマラソン」が開催!周回コースでエリートの部が行われる

新型コロナウイルスの影響で 2020年4月から延期されていた「2020 Virgin Moneyロンドンマラソン」が、2020年10月4日(日)に開催されました。

今年の開催で40周年を迎える「ロンドンマラソン」は、コロナ禍での開催のためエリートの部のみが現地で行われ、一般の部はオンラインアプリを利用したバーチャルマラソンとして開催されました。

エリートの部では、例年使われているロンドンの市街地コースを走らず、ロンドン中央部に位置するセント・ジェームズ・パークの周囲に設営された2.15kmの特設コースを周回して行われました。男子では、K.ベケレ(エチオピア)が欠場するというニュースがあったものの、世界記録をもつエリウド・キプチョゲ(ケニア)をはじめ、トップランナーが集結し注目を集めました。

なお、「2020 Virgin Moneyロンドンマラソン」のエリートの部のレースの模様は、オリンピックチャンネルでリプレイとして、アーカイブを見ることができます。

男子エリートの部の結果

レースは、ゴール手前まで上位3人の争いが続き、S・キタタ(エチオピア)が 2時間5分41秒で初優勝をしました。1秒差の 2位には V・キプチュンバ(ケニア)が 2時間5分42秒が入り、4秒差の3位には S・レンマ(エチオピア)が 2時間5分45秒で入はいりました。世界記録保持者の E・キプチョゲは、23マイル付近より遅れ 2時間06分49秒で 8位でした。

エリート 男子結果
  • 1位
    02:05:41 S・キタタ(エチオピア)
  • 2位
    02:05:42 V・キプチュンバ(ケニア)
  • 3位
    02:05:45 S・レンマ(エチオピア)
  • 4位
    02:06:04 M・ゲレメウ(エチオピア)
  • 5位
    02:06:08 M・ワシフン(エチオピア)
  • 6位
    02:06:41 T・トラ(エチオピア)
  • 7位
    02:06:42 B・キプルト(ケニア)
  • 8位
    02:06:49 E・キプチョゲ(ケニア)
  • 9位
    02:09:01 S・N・モーエン(ノルウェー)
  • 10位
    02:09:25 M・キプセレム(ケニア)

女子エリートの部の結果

男子に先駆けて行われた女子エリートレースは、B・コスゲイが独走し 2時間18分58秒で、2019年に続き優勝をしました。2位にはゴール手前で驚異の追い上げをした S・ホールが 2時間22分01秒で入り、3位には R・チェプンゲティッチ(ケニア)2時間22分05秒で入りました。

エリート 女子結果
  • 1位
    02:18:58 B・コスゲイ(ケニア)
  • 2位
    02:22:01 S・ホール(アメリカ)
  • 3位
    02:22:05 R・チェプンゲティッチ(ケニア)
  • 4位
    02:22:51 A・ベケレ(エチオピア)
  • 5位
    02:24:23 A・メゲルトゥ(エチオピア)
  • 6位
    02:25:13 M・サイデル(アメリカ)
  • 7位
    02:26:51 G・ステイン(南アフリカ)
  • 8位
    02:27:07 S・ダイヴァー(オーストラリア)
  • 9位
    02:27:29 D・ミカリロヴァ(ウクライナ)
  • 10位
    02:28:18 V・ジェメリ(ケニア)