走ろう.com

「世界陸上競技選手権大会 オレゴン」女子マラソンの概要と結果 - 2022年7月18日開催

2022年7月18日(月)に、アメリカ合衆国オレゴン州で「第18回世界陸上競技選手権大会 オレゴン 2022」のマラソン競技の女子の部が開催されました。

レース速報

レースは、Gotytom Gebreslase ゴティトム・ゲブレシラシエ(エチオピア)が、2時間18分11秒の大会新記録で優勝のゴールテープを切りました。2位に Judith Jeptum Korir ジュディス・ジェプトゥム・コリル(ケニア)が 2時間18分20秒で入り、3位には Lonah Chemtai Salpeter ロナ・チェムタイ・サルピーター(イスラエル)が 2時間20分18秒で入りました。松田 瑞生は 2時間23分49秒の 9位でゴールしました。

レース順位

  • 1位
    2:18:11
    Gotytom Gebreslase ゴティトム・ゲブレシラシエ(エチオピア)※大会新記録
  • 2位
    2:18:20
    Judith Jeptum Korir ジュディス・ジェプトゥム・コリル(ケニア)
  • 3位
    2:20:18
    Lonah Chemtai Salpeter ロナ・チェムタイ・サルピーター(イスラエル)
  • 4位
    2:20:29
    Nazret Weldu ナズレト・ウェルドゥ(エリトリア)
  • 5位
    2:22:10
    Sara Hall サラ・ホール(アメリカ)
  • 6位
    2:22:15
    Angela Tanui アンジェラ・タヌイ(ケニア)
  • 7位
    2:23:18
    Emma Bates エマ・ベーツ(アメリカ)
  • 8位
    2:23:34
    Keira D'amato ケイラ・ダマート(アメリカ)
  • 9位
    2:23:49
    松田 瑞生(日本・ダイハツ)
  • 10位
    2:26:33
    Citlali Moscote チットラーリ・モスコット(メキシコ)

競技の詳細な順位は、ワールドアスレティックス公式サイトの “Timetable/Results” ページで見ることができます。

レース経過

  • START
    スタート時の天気は晴れ。気温は 10度。一山 麻緒、新谷 仁美が新型コロナウイルス陽性で欠場となっている。日本からは、松田 瑞生(ダイハツ)が出走する。40人の選手が一斉にスタート。
  • 1km
    1km通過時点で先頭グループ 18人にまで絞られる。松田は先頭グループの後方に付ける。
  • 2km
    6分33秒のハイペースで通過。
  • 2.6km
    松田が先頭グループから遅れる。順位は 17位。
  • 5km
    16分10秒で通過。先頭グループは、ケニア、エチオピア勢を中心に 8人になる。松田は、約33秒差で通過。
  • 10km
    32分39秒で通過。先頭グループは変わらずに8人。
    グループは、R・チェプンゲティッチ(ケニア)、J・コリル(ケニア)、A・タヌイ(ケニア)、G・ゲブラシラシエ(エチオピア)、A・ベケレ(エチオピア)、A・イェシャナー(エチオピア)、L・サルピーター(イスラエル)、N・ウェルドゥ(エリトリア)。
    松田は、50秒差の16位で、中国のD・チャン(中国)とグループを作っている。
  • 15km
    46分19秒で通過。先頭グループの 8名は変わらず。松田は、35秒差の16位。先頭グループと後続の差が少し詰まってくる。
  • 18km
    前回優勝の R・チェプンゲティッチが足を止める。J・コリル、A・タヌイ、G・ゲブラシラシエ、A・イェシャナーが先頭グループから抜け出る。
  • 20km
    1時間05分36秒で通過。J・コリル、G・ゲブラシラシエ、A・イェシャナーの先頭グループに、3秒遅れでA・タヌイが続く。松田は、1分31秒差で 13位に順位を上げる。
  • 21.2km
    松田が、I・チェムタイ(ウガンダ)を捕らえ 12位に上がる。
  • 25km
    1時間22分04秒で通過。先頭の4名は変わらず、ケニア 2名、エチオピア 2名のグループ。松田は、1分55秒差の 12位。前方の 8位集団とは 26秒差。
  • 27km
    J・コリル、G・ゲブラシラシエの 2人が前に出る。26~27kmの 1kmを 3分01秒にペースが上がる。3位に 4秒遅れで A・イェシャナー、4位に 11秒遅れで A・タヌイ。
  • 30km
    1時間38分08秒で通過。先頭は J・コリル、G・ゲブラシラシエの 2人。松田は 11位。
  • 35km手前
    3位の A・イェシャナーが、L.C.サルピーター(イスラエル)、N・メルドゥに抜かれた後、走るのを止めて歩き出す。それにより、松田の順位が 10位に上がる。
  • 35km
    1時間54分41秒で先頭が通過。松田は、3分58秒差の 10位で、前に 8位までの 3選手の姿を捕らえている。
  • 37km
    松田が、J・ピアスキを捕らえて 9位に上がる。
  • 40km
    2時間11分17秒で通過。依然、先頭の J・コリル、G・ゲブラシラシエの並走が続く。3位は単独で L.C.サルピーター。9位の松田は 8位の K・ダマート(アメリカ)のすぐ後ろに付ける。
  • 40.5km
    G・ゲブラシラシエが下り坂を使い、J・コリルを引き離していく。
  • FINISH
    G・ゲブラシラシエが、2時間18分11秒の大会新記録で優勝のゴールテープを切る。2位に J・コリルが 2時間18分20秒で入り、3位には L.C.サルピーターが 2時間20分18秒で入る。松田は 2時間23分49秒の 9位でゴールした。

大会概要

第18回を数える「世界陸上競技選手権大会 オレゴン 2022」は、アメリカ合衆国オレゴン州のユージーンにある、ヘイワード・フィールドをメイン会場として、2022年7月15日(金)~ 24日(日)の日程で開催されます。マラソン競技の女子の部は、4日目の7月18日(月)の実施になります。日本からは選出された 3名の選手が出場予定です。

7月17日(日)に日本陸上競技連盟は、新型コロナウイルス陽性のため一山 麻緒(資生堂)の欠場を発表しました。また、新谷 仁美(積水化学)も 7月18日(月)に新型コロナウイルス陽性のため欠場との報道がありました。

大会情報
大会名
世界陸上競技選手権大会 オレゴン 2022
開催日
2022年7月18日(月)06時15分(日本時間 22時15分)スタート
開催地
アメリカ合衆国オレゴン州 ヘイワード・フィールド
種 目
女子マラソン 決勝
主 催
World Athletics
URL
https://www.worldathletics.org/competitions/world-athletics-championships/oregon22
前回大会 トップ3 女子マラソン
1位
2:32:43 Ruth CHEPNGETICH ルース・チェプンゲティッチ(ケニア)
2位
2:33:46 Rose CHELIMO ローズ・チェリモ(バーレーン)
3位
2:34:15 Helalia JOHANNES ヘラリア・ジョアンネス(ナミビア)

開催地とコース

開催地はアメリカ合衆国オレゴン州のユージーン。コースは市内に設けられたフラットな 14kmの周回コースを使って行われます。マラソンコースは、オレゴン大学内のオーツェンスタジアム前を発着点として 3周+195mで実施されます。

第18回世界陸上競技選手権大会 オレゴン 2022 マラソンコースマップWCH OREGON22 Road Events Information

日本人参加選手

  • 一山 麻緒(資生堂)P.B. 2時間20分29秒(※新型コロナウイルス陽性のため欠場)
  • 松田 瑞生(ダイハツ)P.B. 2時間20分52秒
  • 新谷 仁美(積水化学)P.B. 2時間21分17秒(※新型コロナウイルス陽性のため欠場)

放送・配信の情報

テレビ放送
放送局
TBS
番組名
世界陸上オレゴン 女子マラソン
日 時
2022年7月18日(月) 22時00分~ 25時30分
URL
https://www.tbs.co.jp/seriku/onair/
ネット/ライブ配信
配信局
TVer
番組名
世界陸上2022オレゴン 女子マラソン
日 時
2022年7月18日(月) 22時00分~
URL
https://tver.jp/live/special/lebdf4tkq0