2017年10月に「東北・みやぎ復興マラソン2017」開催決定

東北・みやぎ復興マラソン2017東北・みやぎ復興マラソン2017

2017年10月1日(日)に宮城県の岩沼市沿岸部をスタート・ゴールにした「東北・みやぎ復興マラソン2017」の開催が発表されました。

開催地となるのは、仙台の南に位置する宮城県南部の3市町(名取市、岩沼市、亘理町)。この一帯は2011年3月11日の東日本大震災で大きな被害を受け、現在も復興が進行中の地域です。新しく道路や建物が作られてきている中でマラソン大会を開催することで、震災の記憶を風化させないよう、今の被災地の姿を発信し、復興の一翼をイベントにしていく模様です。同時開催として、被災地をつなぐ食のイベント「復興マルシェ2017」の開催も予定されています。

ランナーの募集開始は2017年1月以降(予定)で、フルマラソンのコースは宮城県初の公認コースを目指し、日本陸上競技連盟に申請予定しています。フルマラソン以外の部門は検討中ですが、全体では15,000人規模の大会になるとされています。

◆東北・みやぎ復興マラソン2017 オフィシャルページ
 http://www.fukko-marathon.jp/

大会概要
大会名称

東北・みやぎ復興マラソン2017

開催期日

フルマラソン:2017年10月01日(日)
復興マルシェ:2017年09月30日(土)~10月1日(日)

部  門

フルマラソン、他数部門を検討中

参加人数

フルマラソン:12,000人(予定)
全部門合計15,000人(予定)

おすすめ商品