ランニングシューズを題材にしたドラマ「陸王」が、TBSテレビで10月15日(日)9時スタート

池井戸潤さんが原作の「陸王」がテレビドラマ化され、TBSの「日曜劇場」で 2017年10月15日(日)より放送が始まります。

池井戸潤さん原作のドラマといえば「半沢直樹」「下町ロケット」「ルーズヴェルト・ゲーム」など、人気を集めた話題作ばかり。今回ドラマ化される「陸王」は 2016年7月に発売された長編小説で、扱われた題材はランニングシューズです。

埼玉県行田にある百年の歴史をもつ足袋(たび)一筋で営んできた老舗の「こはぜ屋」。かつて足袋が一般的だったころは繁盛していたが、今となっては右肩下がりの零細企業。銀行から融資を受けてなんとか倒産を免れている状態で、銀行からは新規事業を考えてはどうかと提案される始末。

そんな中、社長の宮沢が立ち寄った靴屋で、これまで見たことのない、奇妙な形をした五本指のベアフットランニング用のシューズと出会う。シューズを眺めながら、宮沢はかつて自社で作っていたマラソン足袋のことを思い出す。そして、宮沢はリスクを承知しながら少しずつ動き始めていく。

果たして、その事業は「こはぜ屋」を成功に導いていくのか。はたまた倒産へと落ちるきっかけになってしまうのか。

600ページ近い長編小説ですが、読みやすい文体とテンポの良いストーリーで、読み始めてしまえばあっという間に読破してしまう一冊です。Amazonの "Kindle"アプリでは、第一章の試し読みができます。

この小説に出てくる企業「こはぜ屋」のモデルとなった企業があります。小説の舞台と同じ行田市にある「きねや足袋」です。「きねや足袋」では、「KINEYA MUTEKI(きねや無敵)」という素足感覚のランニング足袋を 2013年発売しています。

ランニング足袋 きねや無敵
http://kineyatabi.co.jp/kineya/?page_id=1896

今回始まるテレビドラマではキャストに、役所広司さん、山﨑賢人さん、竹内涼真さんなど豪華俳優陣が揃います。2017年10月15日(日)21時スタートで、初回は2時間スペシャルです。

日曜劇場『陸王』|TBSテレビ
http://www.tbs.co.jp/rikuou_tbs/

関連商品