ヒルクライムイベント「RED BULL 400」が453人のランナーを集め日本初開催

Red Bull 400 大倉山Jason Halayko/Red Bull Content Pool

2017年5月20日(土)に日本で初開催となったヒルクライムイベント『RED BULL 400』が行われました。

開催地の北海道札幌市にある大倉山ジャンプ競技場に集まった453人のランナー。初開催にも関わらず観客も2,000人近く集まり、ジャンプ台に果敢に挑むランナー達のチャレンジを観戦しました。

Red Bull 400 大倉山Suguru Saito / Red Bull Content Pool

舞台となった大倉山ジャンプ競技場のラージヒルは、1972年に開催された札幌オリンピックのジャンプ競技が行われた施設で、最大斜度は37度にもなり、ランナーが走行する400mのコースは約130mの高低差があるという驚愕の斜面です。

Red Bull 400 大倉山Suguru Saito / Red Bull Content Pool

競技は400mの個人と4×100mリレーの2種目で、両種目に参加した強者も3人いました。MCにはジャンプ台にゆかりのある五輪金メダリストの船木和義さんを迎え、イベントを盛り上げました。

レースの結果は、男子は大学の陸上選手の高坂良太さんが4分10秒35で、女子はクロスカントリーの選手の田中ゆかりさんが5分07秒6で、この大会の初タイトルをつかみました。両名は7月にドイツで開催される世界選手権への参加資格を獲得し、世界チャンピオンの座にチャレンジします。

Red Bull 400 大倉山 男子優勝 高坂良太さんJason Halayko/Red Bull Content Pool

Red Bull 400 大倉山 女子優勝 田中ゆかりさんJason Halayko/Red Bull Content Pool

「Red Bull 400」大会情報
開催日 
2017年5月21日(日)
会場  
大倉山ジャンプ競技場
(北海道札幌市中央区宮の森1274)
種目  
個人(男子、女子)
4×100mリレー(男子、オープン)
賞品  
男女合わせたすべての決勝個人タイムの中で1位の方を7月15日(土)にドイツ、ティティゼー・ノイシュタットで開催される世界大会にご招待。
定員  
個人300名(男子、女子合わせて)
リレー25チーム(男子、オープン合わせて)
参加資格
16歳以上の健康な男女(未成年の場合は保護者の同意が必要)
参加費 
個人4,000円/人
リレー 12,000円/チーム(税込、スポーツ障害保険含む)

『RED BULL 400』の動画

関連商品