通勤時間をトレーニングに変える「通勤ラン」におすすめのバックパック10選

仕事をしていると忙しく、時間に余裕がないことが理由で、ランニングの時間を十分にとることが難しくなることがあります。計画していた距離が走れなかったり、思うようにトレーニングを積めなかったりと、ランナーとしてはストレスが溜まってしまう状態です。そんな時の一つの解決策として「通勤ラン」というものがあります。

通勤ランのメリット

通勤シーン

「通勤ラン」は、バスや電車などで仕事場まで往復する通勤時間にランニングを加えることで、積極的にトレーニングの時間に変えてしまおうという試みです。走って移動する分、通勤の時間自体は長くなってしまいますが、ランニングをする時間をとれない人にとっては通勤時間を有効に使うことができるようになります。

「通勤ラン」の実践するためには、通勤の過程にランをどのように組み込むかを考えます。出勤時なのか、退勤時なのか、それとも往復か。自宅から職場までか、それとも途中の駅で下車して走るのか。職場までの環境は様々で、ランナーにより走力が変わるので決まった型はありませんが、自分に必要だと思う距離や頻度を考慮して、まずは無理のない範囲で一度トライしてみましょう。

通勤時の荷物をどうするか

通勤アイテム

「通勤ラン」を始めようとする場合に、どうしてもネックになってくるのがシューズと服装です。勤務時のドレスコードが、スーツであっても私服であっても、走るのであればランニングシューズに履き替えて、適したウェアに着替えたいところです。

シューズの持ち運びは荷物になるので、オフィス用の靴あらかじめ職場に置いておき、出退勤時に通勤用のランニングシューズと履き替えてしまえば問題は解決します。また、あまりフォーマルを求められない職場であれば、派手さのないブラック系のシューズを履いて出勤しても良いでしょう。

スーツやジャケット類も、職場に置いておけば荷物になることはありません。持ち帰る必要がある場合は、走らない日に持ち帰れば問題ありません。

もし、職場に置いておけない荷物の場合は、駅のロッカーを利用して、翌日に回収するというのも一つの手です。

バックパックを用意する

通勤ラン用バックパック

「通勤ラン」をする時に、欲しいアイテムとしてバックパックがあります。仕事に行く時の荷物と着替えを入れられる容量があり、走っている時に揺れないようにジャストフィットするものが理想的です。トレイルランニング用のバックパックで、容量が12リットル~18リットル程度のものであれば、荷物も入れられてフィット感も良く、快適に走れます。

走る時は、荷物をビニール袋やジップロックで封をして荷造りすると、汗や突然の雨などで濡れることがなくて済みます。

通勤ランにおすすめのバックパック10選

楽天ウェブサービスセンター