レジスタンストレーニングの発想を取り入れた機能性タイツ「PHYSICLO(フィジクロ) 」の販売開始

PHYSICLO(フィジクロ)レジスタンスタイツ

履くだけで、傾斜を登るような負荷がかけられる機能性タイツ「PHYSICLO(フィジクロ)レジスタンスタイツ」の日本での販売が開始されました。

レジスタンストレーニングといえば、ウェイトや自重を使って行うことが多いですが、「PHYSICLO」は着用することで、臀部から脚部にかけて負荷をかけていきます。

PHYSICLO(フィジクロ)レジスタンスタイツ

「PHYSICLO」には、負荷をもたらすレジスタンスバンドが内蔵され、着用者の前後左右の脚の動きにあわせ最大4.5キロの負荷が加えられる、トレーニング専用のコンプレッションタイツです。未着用で達成される成果を、より短時間で達成することができます。脚の動きに合った自然な負荷がかかるため、ランニングフォームに影響なく、さらに怪我のリスクも軽減されます。

このタイツの開発は、北京五輪のフェンシング銀メダリストであるキース・スマート氏らが開発の中心となり、自らの経験を元にアスリートのハードなトレーニングにも対応できる製品に仕上げています。

ニューヨーク大学協力のもと科学的な検証を行った結果、ランニング時の筋活動量が 123%増加、消費カロリーが 114%増加、心拍数が 109%増加する事が実証されています。

「PHYSICLO」はランニングだけでなく、限られた時間の中で効率的にトレーニングの成果を達成したいアスリートやフィットネス愛好家が、これまでよりも少ない時間でトレーニングを完結することができる革新的なウェアです。

ラインナップ

PHYSICLO(フィジクロ) | トレーニング効果を高めるコンプレッションタイツ
https://human-works-tr.com/