「東京グレートサンタラン 2020」は、オンラインイベントと寄付金で子供達にプレゼントをお届け

東京グレートサンタラン

例年、クリスマスシーズンに参加者がサンタクロースの仮装でランニングやウォーキングをして、病気とたたかう子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「東京グレートサンタラン」。2020年は。新型コロナウイルスの影響のため、3密を避けるためラン・ウォークイベントは行わず、異なる形で開催されます。

東京の新しい冬の風物詩「サンタラン」

東京グレートサンタラン

世界各国で実施されている冬の風物詩であるチャリティーイベント「サンタラン」。サンタクロース姿で楽しくランニングやウォーキングをすることで、その参加費を活用して病気とたたかう子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るという主旨で、東京では 2018年12月に明治神宮外苑で初開催しました。昨年は規模を拡大して駒沢オリンピック公園で開催し、これまで約 6,000名が参加して、入院中の子どもたち約 2,000名とプレゼントを通じた交流を図りました。

「東京グレートサンタラン 2020」について

病気とたたかう子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「東京グレートサンタラン」の 2020年度クリスマスは、クラウドファンディングによる寄付金等により、都内 5病院 1,300人の子どもたちにクリスマスプレゼントとメッセージを届けます。

また、中高大学生たちが企画運営するオンラインクリスマス会を 12月24日(木)に国立成育医療研究センターで開催するほか、アンバサダーである大黒摩季さん、土屋アンナさん、ブレイクスルーらのビデオメッセージを 12月18日(金)より公式 HP(https://santarun.jp/)で公開します。

クラウドファンディングによる、さらに広がる支援の輪

東京グレートサンタラン プレゼント配布

現在、新型コロナウイルスの影響で保護者の方の面会制限、プレイルームでお友だちと遊ぶことの禁止、部屋から出ることが許されない等、さまざまな制限がある中で子どもたちは病気とたたかっています。

ランイベントは中止となったものの、子どもたちにクリスマスのワクワクをシェアしたいとの想いから、第3回目を迎える 2020年度、協賛金の他にクラウドファンディング(目標金額 50万円/127人の支援により 56万円を達成)を活用し、慶応義塾病院、東京医科歯科大学などの 5病院に入院中の約 1,300名の子どもたちにクリスマスプレゼントと皆さまからのメッセージをお届けします。

中高大学生が企画運営するオンラインクリスマス会で笑顔をお届け

東京グレートサンタラン オンラインクリスマス会

中高大学生からなる「東京グレートサンタラン学生こども会議」(代表:順天堂大学 3年生 須藤美月)のメンバーがオンラインクリスマス会を企画し、3病院で計4回開催します。

<スケジュール(各回 30分程度)>
  • 12月15日(火)東京医科歯科大学医学部附属病院
  • 12月21日(月)榊原記念病院
  • 12月24日(木)国立成育医療研究センター(2回)

オンラインクリスマス会では、DNPクリエイター共創サービス『FUN'S PROJECT』の公式キャラクター・ファンズちゃんの協力で、手作りの絵本『サンタランのおくりもの』の読み聞かせやクリスマスにまつわるクイズなど、子どもたちも一緒に参加できる楽しい内容です。

さらに今回、アンバサダーである大黒摩季さん、土屋アンナさん、ブレイクスルーらから、子どもたちに向けたビデオメッセージを、オンラインクリスマス会および公式ホームページで紹介します。

東京グレートサンタラン|公式ホームページ
https://santarun.jp/