ゾンビがランニングシューズを履いたなら!?ラン・デッド ~君はゾンビから逃げれるか~


BROOKS(ブルックス)ブランドイメージCM「ラン・デッド」

アメリカでランニングシューズの売り上げで大きなシェアを誇るランニング専門ブランドBROOKS(ブルックス)が、ブランドイメージCM「ラン・デッド」をYoutubeで公開しました。このCMは、2016年2月にYoutubeのブルックスUSAチャンネルで公開され、20万回を超える再生回数を記録している人気の動画です。

「ラン・デッド」冒頭シーン

舞台は、ゾンビが徘徊する破壊された街。ある一人の男が、迫りくるゾンビから逃げるところから始まります。ゾンビは1匹、2匹と増えていき、男は追いつめられスポーツ店に逃げ込みます。しかし、ゾンビは店の中にも侵入してきて男は絶体絶命。そんな時、棚にかけてあったブルックスのシューズが床に落ち、ゾンビがそれを拾い上げると。。。

「ラン・デッド」ブルックス店内で追いつめられる男

この後の展開は、動画を再生して確認してみてください。なお、ゾンビはちょっとグロいですが、スプラッターするような衝撃的なシーンはありません。思いがけない結末なので、ホラーはちょと苦手な人でも、見てみると面白いかと思います。

劇中に登場し、ゾンビが拾い上げたシューズは、アメリカで人気のモデル「RAVENNA 7 [ラベナ 7]」。安定感とクッション性があり、フルマラソンの完走、サブ4を目指すランナーにおすすめのモデルです。

関連商品