走ろう.com ロゴ

箱根駅伝を目指す大学陸上部を描いた小説「風が強く吹いている」のアニメ化が決定

風が強く吹いているTVアニメ「風が強く吹いている」公式サイト

三浦しをん氏原作の、箱根駅伝を目指す大学陸上部を描いた小説「風が強く吹いている」のアニメ化が決定し、2018年10月より放送がスタートします。「風が強く吹いている」は小説だけでなく、2007年からはマンガの連載が始まり、2009年には実写映画が公開され、舞台化もされている人気作です。

物語は、天性の走りのセンスを持つ寛政大学1年生のカケルが、同じに通う4年生のハイジと出会うことから始まります。そして、カケルが住むことになった竹青荘の陸上部の面々と、箱根駅伝を目指していくことになります。陸上部の部員達は、それぞれが個性的。司法試験に受かった秀才や、マンガオタク、留年を続けるヘビースモーカーなど、陸上とは縁のなさそうなキャラクターがずらり。ダブルエースのカケルとハイジ以外、ほぼ素人な寛政大陸上部の目標は、10月に行われる予選会を突破して、箱根駅伝の本大会に出場すること。様々な困難が立ちはだかる中、彼らの挑戦の結末には、どんなドラマが待っているのだろうか。

正月の風物詩となっている箱根駅伝を題材にした物語ですが、陸上競技がアニメとして制作されること自体があまりありません。今作品は、実際の予選会がある10月からスタートし、箱根駅伝が盛り上がりを見せる年末にかけて放送されます。2017年には、テレビドラマ「陸王」が同じ時期に放送され話題になったこともあり、今作品も陸上ファンには見逃せない作品になることでしょう。

TVアニメ「風が強く吹いている」公式サイト
http://kazetsuyo-anime.com/

2009年に公開された映画版では、実際の箱根駅伝の映像が使われたり、関東学生陸上競技連盟や上武大学、日本テレビが制作に協力するなど、フィクション作品にも関わらず、リアリティを感じさせる作りになっています。映画版は、DVDなどで見られるほか、アマゾンの「プライム会員」になれば、無料で鑑賞ができます。

楽天ウェブサービスセンター