「東京マラソン2021」の異なる和柄を掛け合わせた金・銀・銅メダルを公開

東京マラソン2021 金・銀・銅メダル

TANAKAホールディングス株式会社は、2022年3月6日(日)に開催される「東京マラソン2021」のマラソン男女上位 3名と車いすマラソン男女の上位 3名に進呈される、金メダル、銀メダル、銅メダルのデザインを公開しました。

2021年大会の金・銀・銅のメダルでは、「亀甲×麻の葉」「青海波(せいがいは)×七宝」の和柄のデザインを施し、今大会のコンセプト「もう一度、東京がひとつになる日。」に込められた、新たな生活スタイルで「再びみんなで走ることができる喜び」と「ひとつになろう」という想いを表現しています。和柄の繰り返しは「みんなで走る」を表し、異なる和柄の掛け合わせは参加者と応援する人々が「ひとつになる」ことを表現します。

また、メダルの裏面には、コースマップと田中貴金属グループのロゴに加え、「THE DAY WE UNITE.」(東京がひとつになる日。)のメッセージを刻み、延期を経て満を持して開催される今大会ならではのデザインとなっています。メダルのリボンのデザインは「ランナー」「ボランティア」「観衆」の一人一人を表す一本一本の線が織り重なったタペストリーのような大会ロゴをモチーフにしています。

東京マラソン2021 金・銀・銅メダル

東京マラソンの表彰メダルは、各種大会メダルの中でも極めて稀な純金製、純銀製、純銅製で希少価値の高いものです。表彰メダルのサイズは直径約65mm、厚さ約2.8mmで、重さは純金製が約180g、純銀製が約100g、純銅製は約85gです。

メダル概要
純金メダル
約180g / 直径約65mm×厚さ約2.8mm
純銀メダル
約100g / 直径約65mm×厚さ約2.8mm
純銅メダル
約85g / 直径約65mm×厚さ約2.8mm
  • CREATCABIN メダルホルダー ランニング
    ¥1,900(税込)2024-05-20 00:01:34 時点

    60つ以上のメダルを保持するメダルホルダー。メダルホルダーは高品質の鉄でできており、5kg / 11lbまで耐えます。3列と12つの別々のホルダーは、メダルのニーズを満たします。