プレスカンファレンスで「東京マラソン2019」に向けて招待選手が掲げた目標タイムは?

「東京マラソン2019」に向けて招待選手の記者会見が行われました。

会見の中の質問で、目標タイム聞く場面がありました。タイム記入用のボードが用意されていたため、各選手が目標のタイムを書き込みました。

配信では、外国人招待選手のコメントに、翻訳などが反映されていなかったため、省略している部分があります。

招待選手 女子

ルティ・アガ(エチオピア)-【目標タイム 2:18:30】
「2時間18分30秒だと、私にっとっていいと思います。」

フローレンス・キプラガト(ケニア)-【目標タイム 2:24:00】

前田 穂南(岡山・天満屋)-【目標タイム 2:21:00】
「2時間21分目指して頑張ります。」
レースのポイントについて「30km以降、ペースメーカー離れてからが、勝負どころになると思うので、そこでしっかり自分の持ち味が発揮できたらいいなと思います。」

高島 由香(東京・資生堂)-【目標タイム 2:21:00】
「最初から積極的に21分台を狙うペースでいきたいと思います。」
タイムについての質問に「やっぱり、30kmからの、足に疲労が来てからの粘りだと思っているので、落ちないようにしっかり粘って走っていきたいと思います。」

野上 恵子(長崎・十八銀行)-【目標タイム 2:25:00】
「第3のグループで行きたいと思っています。そこでしっかりペースメーカーの方のリズムに合わせて走って、後半粘りたいと思っています。」
レースのポイントについて「きつくなってからがポイントだと思うので、30km過ぎたあたりからが、自分の力をどれだけ発揮できるかがポイントになってくると思います。」

一山 麻緒(京都・ワコール)-【目標タイム 2:21:00】
「私も21分のペースについていきます。」また、初マラソンについての聞かれると「練習はしっかりしてきているので、そこは怖がらずに、初めてなので行けるところまで行こうという気持ちです。」
レースのポイントについて「ペースメーカーの方が外れてから、自分たちで走るってなった時に、そのペースに自分もついていって、ここだと思った時に、スパートをかけれたらなと思います。」

招待選手 男子

ディクソン・チュンバ(ケニア)-【目標タイム 2:03:57】

エルハサン・エルアバシ(バーレーン)-【目標タイム 2:04:00】

大迫 傑(東京・Nike)-【目標タイム ??:??:??】
「今までタイムをそんなに気しして走ってきていないので、もちろんタイムが良ければよいに越したことはないですけど、ただ気象条件だったりとか、当日のペースに左右される中で、あまりそこにこだわり過ぎると、自分自身リキんでしまうかなという思いで、(?と)書かせていただきました。」

木滑 良(長崎・MHPS)-【目標タイム 2:07:59】
「去年8分08秒で走って、できれば今回は7分台を出したいなと思いますし、こういう風にもう一回また同じような物事をこなすことができれば、この先のマラソンというものにも繋がると思うので、今回はとりあえず、6分台と言いたいところでしたけど、7分台で行きたいと思います。」

中村 匠吾(東京・富士通)-【目標タイム 2:06:30】
「個人的に(昨年の)ベルリンマラソンに向けてのトレーニングよりも、少しずつ積み重ねで上乗せすることができていたと思うので、もちろんタイムというのも大事ですし、勝負というのも大事だと思うので、まずは6分台でゴール出来ることを目標に頑張りたいと思います。」

佐藤 悠基(東京・日清食品グループ)-【目標タイム 2:06:30】
「このタイム、そんなに意識することなく走ろうとは思ってますけど…、このタイムにしたのは、東京マラソンを走るにあたって、1つのトレーニングを組み立てる関係で、このタイムを一つの目安にしたということで6分30秒なので、あまり当日はタイムを意識しないで、流れとかで、勝負にこだわりながら走りたいと思っています。」

「東京マラソン2019」招待選手会見の動画について

この招待選手会見の模様は、「東京マラソン2019」公式サイトなどで配信しています。

詳しくは、下記URLページにてご視聴ください。

3月1日(金)東京マラソン2019 プレスカンファレンス | 東京マラソン2019
https://www.marathon.tokyo/news/detail/news_001203.html