走ろう.com ロゴ

Stravaがアップデートし、ランニングを楽しくするセグメントテーマとグループチャレンジ機能を追加

GPSトラッカーアプリ「Strava」は、ランニングをより面白くする 2つの機能を 2021年6月3日(木)にリリースしました。1つは「マップ」のセグメントのバージョンアップと、もう1つは「グループ」へのグループチャレンジの追加です。

セグメントのバージョンアップ

ランニングルートを詳細な地図上に表示する「マップ」の情報が集約され、セグメントの機能がバージョンアップされました。ユーザーが走って面白い区間として設定し、走ったタイムや回数が記録されるセグメントでは、用途に合わせて6つのテーマからセグメントを提案する機能が追加されました。このアップデートにより、ユーザーがそれぞれの場所から、よりパーソナライズされた形で、セグメントを探すことができるようになりました。

この機能はサブスクリプション利用ユーザー向けで、フリー版ユーザーには 6つのテーマのうち “人気スポット”のテーマのみが提供されます。

グループチャレンジの追加

「グループ」に、ユーザーがオリジナルのイベントを作成できるグループチャレンジの機能が追加されました。これにより個々のユーザーは、フォロワーを最大 24名まで招待した、コミュニティーイベントの作成ができるようになります。アクティビティタイプは最大で 34種目あり、グループで追いかける目標や競い合う内容を決めることも可能です。フォロワー同志でモチベーションを高たり、Strava内で友達とつながりを見つけるための方法として適しています。

この機能は、サブスクリプション利用ユーザー向けですが、フリー版ユーザーでも 3回までのチャレンジの作成、またはチャレンジへの参加ができます。

30日間のフリートライアル

Stravaでは、上記のセグメント、グループチャレンジを含む、サブスクリプションの 30日間のフリートライアルを実施しています。サブスクリプションの利用で、毎日のアクティビティを、より楽しく充実させてくれる Stravaを、最大限に活用することが可能になります。

Strava | アスリートのためのソーシャルネットワークでランニングやサイクリングを記録
https://www.strava.com/