スマホいらずで、音楽を保存して聴きながら走れる最新ランニングウォッチ4選

ランニングをしている時に音楽を聴く時、スマートフォンやミュージックプレイヤーを持って行くのは、ホルダーやポーチに入れても、かさばってしまうもの。できれば、そうした機器を持たずに走りたいと思っている人もいるはず。最新のランニングウォッチでは、そうしたニーズを反映して、音楽データを保存できるストレージが付いたものが発売され、音楽を楽しみながらの身軽なランニングをサポートしてくれます。

ここでは、音楽データを保存できるストレージをもち、Bluetoothイヤホンを使えば、スマートフォンなしで音楽を聴ける、最新ランニングウォッチを紹介します。

【掲載機種】

GARMIN 「ForeAthlete 645 Music」

GARMIN 「ForeAthlete 645 Music」

ウォッチ内に4GBのストレージをつことで、最大で500曲のデータを保存できる、GARMINのランニングウォッチに音楽機能を追加したモデル。音楽再生をしながら、GPSモードと心拍計を併用した場合でも、最大5時間の利用が可能で、ロングランを行っても十分対応できるバッテリー容量を持ちます。

「ForeAthlete 645 Music」は音楽機能だけでなく、ランニングの計測や、トレーナーとしての機能も充実しています。GPSを利用しての距離・ペース・時間だけでなく、心拍やリカバリータイムも計測。別売りアクセサリーを使えば、走行中のカラダの使い方を細かく分析するランニングダイナミクス機能も提供してくれます。また、GarminPayを搭載しているため、コンビニなどでの支払いが端末で簡単に行え、小銭いらずでランニングに出かけられます。

音楽ストリーミングサービスの「AWA」では、同社のスタンダードプランに加入しているユーザーを対象に、「ForeAthlete 645 Music」向けのダウンロード機能を提供をスタートさせました。これにより「AWA」上の好きな楽曲やプレイリストがダウンロードして聴けるようになるほか、2,000件以上あるランニング向けのプレイリストを楽しめます。

楽天ウェブサービスセンター

GARMIN「fenix 5 Plus Series」

GARMIN「fenix 5 Plus Series」

2018年6月28日(木)より世界同時発売される、ガーミンの最新プレミアムGPSウォッチ。

「音楽」「決済」「地図機能」を搭載し、これまで対応していたGPS対応衛星の、日本のみちびき、米国GPS、ロシアのGLONASS の3衛星に加え、今回Garminのウェアラブルとしては初めて欧州のGalileoも受信可能になっています。

音楽機能は、前述の「ForeAthlete 645 Music」と同等の500曲のダウンロードが可能で、音楽再生をしながら、GPSモードと心拍計を併用した場合では、最大4時間の利用が可能です。

Garminが得意とするマルチスポーツ対応機能を始め、光学心拍計機能、スマートフォンとの連携機能、ライフログ機能を継続して搭載しています。別売りアクセサリーを使えば、走行中のカラダの使い方を細かく分析するランニングダイナミクス機能も提供してくれます。

「fenix 5 Plus Series」は、アウトドアでの利用を考慮して製造されており、直射日光下でも視認性を保つ大型の1.2インチディスプレイをもち、ステンレススチールベゼル、ボタン、リアケースを備える大胆なデザインを採用しています。

楽天ウェブサービスセンター

fitbit「fitbit ionic」

fitbit「fitbit ionic」

「fitbit ionic」は、2.5GBのストレージをもち300曲以上の保存して再生ができ、GPS利用時または音楽再生時で最長10時間連続稼働します。高音質の音楽ストリーミングサービス「Deezer」のプレミアム会員であれば、データの同期が可能で、お気に入りのランニング用プレイリストのダウンロードも可能です。

ランニングのデータは自動的に計測され、スポーツモードを使用して、個別にアクティビティを記録しトレーニング後には、レポートで確認できます。さらに、目標達成へと導くためにリアルタイムのガイダンスを提供し、パーソナルトレーナのように働きます。

「fitbit ionic」には、フォーム、パワー、スピードの向上をサポートするアディダス独自のコーチング機能「didas Trainアプリ」を持った、アディダスエディションがあります。シルバーグレーのアルミフレームや、インクブルーとアイスグレーの2色で構成された通気性のあるスポーツバンドをもつ、スペシャルバージョンです。

楽天ウェブサービスセンター

POLAR「POLAR M600」

「POLAR M600」は、ウォッチで音楽をコントロールでき、Google Play Musicと4GBの内蔵ストレージによって、スマートフォンなしで音楽を再生できます。

4つの距離から目標を選べるパーソナルなランニングプログラムや、パフォーマンスの向上のインデックスやトレーニング効果のフィードバック機能を持ちます。手首の心拍計は、他の機種よりも多い6つのLEDで測定しているため、心拍のより正確な計測を可能にしています。

限定パッケージとして、JaybirdのワイヤレスイヤホンFreedom 2が付属したスペシャルパッケージ(限定モデル)の販売があります。

楽天ウェブサービスセンター

関連記事