ラベルレスで捨てやすく環境にやさしい「ポカリスエット ラベルレスボトル」が 1月18日より発売

ポカリスエット ラベルレスペットボトル

大塚製薬が販売するスポーツドリンク「ポカリスエット」と「ポカリスエット イオンウォーター」では、ラベル包装をしない “ラベルレスペットボトル” を使用した商品を、2021年1月18日(月)から発売します。

スポーツドリンクは、ランナーであれば給水のために良く購入し、中でも「ポカリスエット」はマラソン大会の給水所でも配られることも多く、馴染み深い商品です。その「ポカリスエット」の 2商品で、ラベルが貼られないペットボトル使用した販売がはじまります。捨てる時にラベルをはがす必要がないため捨てやすく、ランニングの時にで持ち運びがしやすい 300mlの小型サイズで登場します。

今回の “ラベルレスペットボトル” の販売は、300mlボトルの 24本単位のケース販売専売品で、大塚製薬公式通販サイト、オオツカ・プラスワン、アマゾンほか一部通信販売サイトにて取り扱いがあります。

商品概要
対象商品
ポカリスエット ラベルレスボトル300ml/ポカリスエット イオンウォーター ラベルレスボトル300ml
販売単位
1ケース24本入り
販売価格
2,592円(税込)

大塚グループの取り組み

販売元の大塚グループでは、持続可能な社会の実現を目指し、ペットボトルを中心とした取り組みをしており、一般消費者向け全製品を対象に、2050年までに持続可能な社会に対応した容器包装の使用を目指して、化石資源由来プラスチックゼロなどの目標を掲げています。

今回の “ラベルレスペットボトル” の発売に先立ち、2019年10月に「ポカリスエット イオンウォーター ラベルレスボトル300ml」で行ったテスト販売をおこない「ラベルを剥がす手間が省け、環境にも優しい」などの声が寄せられていました。環境負荷の低減とともに、生活者のリサイクル行動の簡便化に関しても一定の評価が得られ、ラベルレスボトルに対する需要を確認できたことから、ポカリスエット 2商品の通年販売が開始されます。