感性と機能性が融合しアースカラーを取り入れた春の「NIKELAB GYAKUSOU SP19 コレクション」

NIKELAB GYAKUSOU SP19 コレクション

ナイキのランニング向けオリジナルアパレル「NIKELAB GYAKUSOU コレクション」の、2019年春モデルが発表され、2月28日(木)より、NIKE.COMで取り扱いが始まります。

「NIKELAB GYAKUSOU」コレクションは、ファッションブランド “UNDERCOVER(アンダーカバー)” の設立者でデザイナーの高橋盾氏とナイキがタッグを組んだプロジェクトで、高橋氏の美意識とランニング経験を生かしたプロダクツが発表されていきます。

NIKELAB GYAKUSOU SP19 コレクション

すでに10年近く続く「NIKELAB GYAKUSOU コレクション」で、高橋氏は常にGYAKUSOUらしい街の景色にも馴染む高機能のギアを目指して来ました。それは、見方によっては流れるような動きと静的な環境との共存であり、彼のコレクション制作の全ての目標とされてきました。高橋氏は、意図的に自然を感じさせる色(アースカラー)を取り入れ、自分の美に対する感覚とナイキの持つ機能性を融合させることが重要である、と話しています。

NIKELAB GYAKUSOU SP19 コレクション トランスフォーム ジャケット

今回の「NIKELAB GYAKUSOU SP19 コレクション」でも、高橋氏のスタイルとナイキの最新技術を融合させています。その中には、収納しやすさを念頭にデザインされたガーメントや、体の部位ごとに適した機能性が発揮できるように作られたプロダクトなども含まれます。

NIKELAB GYAKUSOU SP19 コレクション ナイキ ヴェイパーフライ4%とナイキ ペガサス ターボ

今回のコレクションでは、アパレルに合わせた、高橋氏らしい街にも自然にも馴染む色合いの「ナイキ ヴェイパーフライ4%」と「ナイキ ペガサス ターボ」も展開します。

「NIKELAB GYAKUSOU SP19 コレクション」は、2019年2月16日(土)からナイキ原宿にて先行発売し、2月28日(木)よりNIKE.COM/NIKELAB、NIKELAB MA5、一部NIKELAB 販売店などで発売が予定されます。

NIKELAB GYAKUSOU SP19 コレクション

NIKELAB GYAKUSOU SP19 コレクション