走ろう.com ロゴ

豊洲エリアに子供から大人まで楽しめるスポーツパーク「TOKYO SPORT PLAYGROUND」がオープン

TOKYO SPORT PLAYGROUND

ナイキジャパングループ合同会社は、三井不動産レジデンシャル株式会社と共同で、東京都の豊洲エリアに、子どもから大人まであらゆる人が楽しめるスポーツパーク「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × ART」を、2020年10月10日(土)にオープンします。

ランニングのコースとして利用される、豊洲ぐるりパージに隣接する場所にオープンするこの施設は、2020年10月10日(土)~2021年9月20日(月・祝)の期間限定で開設されます。施設利用にはナイキアプリから事前予約が必要で、入場は無料です。

「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × ART」のコンセプト

「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × ART」のコンセプト

このスポーツパークは「ユーザーの多様性を理解し、潜在的なニーズから多くの人に対して魅力的なデザインを導き出す手法」のインクルーシブデザインを取り入れて建設されています。子どもから大人、スポーツの経験やスキル、障がいの有無に関係なく、すべてのアスリートを最大限サポートし、ストレスなくスポーツを楽しむことができる環境になっています。ここでのアスリートとは「身体さえあれば誰もがアスリートである」という、ナイキの共同設立者ビル・バウワーマンの言葉に表されています。

ランニングトラック・バスケットボールコート・広場などのフロア素材には、ナイキ製品の製造工程で発生する廃材や使用済み製品を再利用した "Nike Grind(ナイキ グラインド)"を使用。二酸化炭素排出ゼロを目指し、地球環境、そしてスポーツの未来を守ることをコンセプトに、サステナブルデザインも取り入れたスポーツパークです。

箱庭のような6つのプレイエリア

パークは 6つのエリアからなり、それぞれのエリアで様々なスポーツを楽しむことができます。クラブハウスにはシャワーやロッカールームがあり、スポーツを快適に楽しめるようになっています。

「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × ART」6つのプレイエリア

全長約 280メートルのランニングトラック、3×3のバスケットボールコート、初心者でも楽しむことができるスケートボードプラザを中心に、広場では回転遊具などもあり、ヨガやダンスなど様々なスポーツを楽しむことができます。さらに、段差がなく、勾配角度 5%未満にしたバリアフリーデザインも取り入れたことで、車いすの方でもパーク内を移動でき、スケートボードプラザの回転遊具では、エリア内の様子を 360度見渡すことができる設計になっています。

シューズを彷彿させるデザイン

「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × ART」シューズを彷彿させるデザイン

パークは各年代を代表する 6つシューズからインスピレーションを得たデザインを、各エリアにグラフィックで表現し、ナイキの歩みをパーク内に記しています。

CORTEZ TRACK(コルテッツ トラック)

「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × ART」CORTEZ TRACK(コルテッツ トラック)

パーク全体を取り囲む様に配置されている、独特のトラックの形をし、常識を打ち破る高低差まで、非日常感が溢れる 1周280mのランニングトラックです。トラックには、ナイキの前身である「Blue Ribbon Sports(ブルーリボンスポーツ)」のロゴがあしらわれ、フロア素材には "Nike Grind"を使用しています。
[デザインインサイト:NIKE CORTEZ(1960年代)]

WAFFLE TRAINER SQUARE(ワッフル トレーナー スクエア)

「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × ART」WAFFLE TRAINER SQUARE(ワッフル トレーナー スクエア)

自然からインスピレーションを得た遊び心溢れる遊具と、様々なスポーツを楽しむことが出来る広場。広場では、ヨガやダンスなどスポーツのジャンルに捉われることなく様々なアクティビティが楽しめます。また、フロア素材には "Nike Grind"を使用しています。
[デザインインサイト:NIKE WAFFLE TRAINER(1970年代)]

ACG ADVENTURE(エーシージー アドベンチャー)

「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × ART」ACG ADVENTURE(エーシージー アドベンチャー)

ボルダリングからインスピレーションを得た立体ジャングルジム。360°どの方面からもクライミングが可能です。(6歳以上を対象)
[デザインインサイト:NIKE LAVA HIGH(1980年代)]

AIR RAID COURT(エア レイド コート)

「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × ART」AIR RAID COURT(エア レイド コート)

色彩かなコートデザインが特徴的な向かい合った 3×3のバスケットボールコート。一体利用でフルコートのプレーも可能。
[デザインインサイト:NIKE AIR RAID(1990年代)]

SB DUNK SKATEPLAZA(エスビー ダンク スケートプラザ)

「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × ART」SB DUNK SKATEPLAZA(エスビー ダンク スケートプラザ)

ステア、バンク、ボックス、レールなどストリートのあらゆる要素が詰まったスケートプラザ。車いすでも楽しめるインクルーシブ・ホイールがあり、初心者でもスケートボートが楽しめます。
[デザインインサイト:NIKE SB DUNK(2000年代)

AIR MAX TERRACE(エア マックス テラス)

「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × ART」AIR MAX TERRACE(エア マックス テラス)

パーク内すべてのエリアが一望出来る高台。
[デザインインサイト:NIKE AIR MAX(2010年代)]

施設概要

名 称 
TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT×ART
所在地 
東京都江東区豊洲6丁目105番1
利用料 
無料
利用方法
NIKEアプリからの事前登録制
営業時間
平日 15:00~21:00(最終受付20:00)、土日祝日 10:00~21:00(最終受付20:00)※イベントにより営業時間が変わることがあり
開設期間
2020年10月10日(土)~2021年9月20日(月・祝)
オープン
2020年10月10日(土)