着地の衝撃を測定して、最適なシューズを提示するミズノ新サービス「Impact Fitter(インパクトフィッター)」

ミズノ「Impact Fitter」

ミズノは、ランニングの着地時の衝撃を計りデータ化する新システム「Impact Fitter(インパクトフィッター)」を、東京と大阪の3店舗に2018年9月14日(金)から導入し、ランナーのランニングシューズ選びをサポートします。

ランニングの着地で脚にかかる衝撃力は、一般的に体重の約3倍といわれます。着地時にかかる衝撃をコントロールすることが、ランニングの安全性を高めることにつながります。「Impact Fitter」はランニング時の着地直後の衝撃加速度を計測し、衝撃をデータ化し走り方の特徴を知ることが出来るシステムです。そのデータから衝撃のタイプを解析し、ミズノのランニングシューズの中から最適なモデルの提案を可能にします。

ミズノ「Impact Fitter」診断書「Impact Fitter」診断書

「Impact Fitter」は、無料のサービスとして提供されます。両足首に加速度センサーを付けて約3分間トレッドミルを走行し測定するだけなので、所要時間も約10分程度の短時間で済みます。計測データから診断書を作成し、推奨シューズを提示してくれます。

「Impact Fitter」は、2018年9月14日(金)から、エスポートミズノ(東京都千代田区)、ミズノオオサカ茶屋町(大阪市北区)、ミズノ淀屋橋店(大阪市中央区)の3店舗でサービスを開始。さらに「第8回大阪マラソン」など、ミズノランニングシリーズの8箇所のマラソン大会会場でも体験することができます。

ミズノは他にも、フォームを診断する「F.O.R.M.(フォーム)」と、脚の形状・関節の柔軟性・走法などあらゆる角度から検証する「プリシジョンフィット」のランニングサービスを提供しています。

ミズノ ランニングサービス

Impact Fitter(インパクトフィッター)

ランニング時の衝撃のタイプにあわせた安全性の高いランニングシューズ選びをサポートするシステム。

サービス概要
料 金 
無料
時 間 
約10分
測定方法
両足首にセンサーをつけ、トレッドミルで走行し測定
URL 
https://www.mizuno.jp/running/impact_fitter/

F.O.R.M.(フォーム)

3 次元動作解析によるランニングフォームを診断するシステム。

サービス概要
料 金 
有料(コースによって料金が異なる)
時 間 
約30~60分(※コースによって所要時間が異なる)
測定方法
マーカー(反射材)付のサポーターを装着し、トレッドミルを約10分間走行し 測定
URL 
https://www.mizuno.jp/running/runningform/

プリシジョンフィット

脚の形状・関節の柔軟性・走法などあらゆる角度から検証し最適なシューズを選択するシステム。

サービス概要
料 金 
無料
時 間 
約10分
測定方法
専用機械で測定。オンラインでの計測も可能
URL 
https://www.mizuno.jp/running/pfit/