走ろう.com ロゴ

東京五輪の代表2名が決定!MGC女子マラソンレースの結果

2020年東京五輪の代表をかけて競う「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が、2019年9月15日に都内に設けられた特設コースを使って開催されました。

今回のMGCで争われる代表枠は2枠で、大会の優勝者及び、2位に入ったランナーに代表の内定が与えられます。また、3位のランナーは「MGCファイナルチャレンジ」で派遣設定タイムをクリアする者が居なかった場合、代表として内定します。

女子の部は、MGC参加基準をクリアしたランナー10人が参加して行われました。この日の天候は晴れ。スタートの9時10分の頃の気温は25度。日差しがあるため、レースの中に気温が上昇しくことが予想され、各選手が湿度のある暑さの中で、どうペース配分するのかも、ポイントになりました。

【目次】

女子マラソン 出走リストは下記URLをご覧ください。
http://hashirou.com/article/page/mgc-entry-runner-list#women

レース結果

MGCレースのゴールラインを最初に切ったのは、前田穂南選手で、2時間25分15秒でした。次いで、2位に鈴木亜由子選手が 2時間29分02秒で入り、この2名が東京五輪の女子マラソン代表に内定しました。3位には小原怜選手が 2時間29分06秒ではいっています。

レース結果
  • 1位
    2:25:15 前田 穂南(天満屋)
  • 2位
    2:29:02 鈴木 亜由子(日本郵政グループ)
  • 3位
    2:29:06 小原 怜(天満屋)
  • 4位
    2:29:51 松田 瑞生(ダイハツ)
  • 5位
    2:31:14 野上 恵子(十八銀行)
  • 6位
    2:32:30 一山 麻緒(ワコール)
  • 7位
    2:33:29 福士 加代子(ワコール)
  • 8位
    2:36:29 安藤 友香(ワコール)
  • 9位
    2:41:22 岩出 玲亜( アンダーアーマー)
  • DNF
    上原 美幸(第一生命グループ)

レース経過

10人でスタートした女子マラソンは、序盤よりペースが速く、付いていけない選手が次々に遅れていく展開を見せる。10kmを過ぎると前田穂南選手が先頭集団を引き始め、18kmを過ぎると、先頭が前田選手と鈴木亜由子選手の2人に絞られ、ハーフ地点を過ぎると前田選手が独走態勢を気づき始める。

前田選手は、そのまま後続を引き離し、後続に4分近くの差をつけてゴールし五輪代表の切符を手にした。2位には鈴木選手が入り代表の座を獲得した。3位には、2位に4秒差まで詰め寄った小原怜選手が入った。

レース展開
  • START
    号砲とともに10人が一斉にスタート。スタート直後から一山が飛び出す。後続は少しの間を開けて追走する。1km手前で野上が遅れる。
  • 1km
    最初の1kmの通過は3分17秒。一山に後続が追いつく。ワコール勢が集団を引っ張り速いペースで進む。後ろでは松田が遅れ始める。
  • 5km
    先頭集団は、16分31秒で通過。松田は、11秒遅れ、野上は46秒遅れ。
  • 5.5km
    先頭集団より岩出が遅れ始める。
  • 8km
    先頭集団より上原が遅れ始める。松田が岩出、上原を捉え順位を上げる。
  • 10km
    10km手前で松田が集団に合流し、7人の集団で10kmを33分34秒で通過。
  • 13km
    先頭集団より一山が遅れ始める。
  • 15km
    先頭集団は、50分40秒で通過。先頭を前田が引っ張り、集団は、前田、安藤、小原、鈴木、福士5人で1列の縦長の状態。松田が4秒差で続く。
  • 15.5km
    給水所の後、前田が前に出る。松田は、遅れる。
  • 17.5km
    先頭集団より福士が遅れ始める。
  • 18km
    先頭集団より安藤、つづけて小原が遅れ始める。先頭は2人に絞られ、前田、鈴木の順。
  • 20km
    先頭は前田で1時間07分27秒で通過。鈴木が2秒差で続く。
  • HALF
    前田が先頭で1時間11分05秒、鈴木が9秒差で続く。その後に9秒差で小原、17秒差で福士、9秒差で安藤、17秒差で松田が続き、一山、野上、岩出、上原の順で続く。
  • 22.8km
    松田が、安藤を捉え5位に上がる。
  • 24km
    松田が、福士を捉え5位に上がる。
  • 25km
    前田が先頭で1時間24分08秒で通過。2位の鈴木は28秒差。
  • 30km
    前田が先頭で1時間41分20秒で通過。2位の鈴木との差を1分22秒つけ独走状態になる。
  • 31km
    10位で走っていた上原が棄権をする。
  • 35km
    前田が先頭で1時間58分5秒で通過。2位の鈴木との差を2分にまで広げる。3位は小原、4位は松田と続く。
  • 40km
    前田が先頭で2時間17分19秒で通過。2位の鈴木は、2時間20分07秒で通過。3位の小原が、鈴木に33秒差。
  • FINISH
    前田が独走で 2時間25分15秒でゴールで優勝する。2位に鈴木が2時間29分02秒ではいる。小原は、鈴木に4秒差まで詰め寄るも及ばず3位でゴールする。

3枠目が決まる MGCファイナルチャレンジ

MGCは今後「マラソングランドチャンピオンシップファイナルチャレンジ」として、東京五輪の残る1つの枠をかけ、3つの指定レースが行われます。

女子の対象になる大会は「さいたま国際マラソン」、大阪国際女子マラソン」、「名古屋ウィメンズマラソン」の3レースで、派遣設定記録の2時間22分22秒を上回り、さらにその中で最も速い選手が3人目の代表に内定します。もし、この基準をクリアする選手がいなかった場合は、今回のレースで3位になった、小原怜選手が3人目として代表に決定します。