「JALホノルルマラソン2018」が開催!車いすの部で副島正純が優勝し、木村沙織は完走を果たす

JALホノルルマラソン2018

「JALホノルルマラソン2018」が、2018年12月9日(日)にハワイのオアフ島で、3万人を超えるランナーが参加し開催されました。

現地時間12月9日午前5時、スタートガンの合図と色とりどりの花火とともに、マラソン、10Kラン&ウォークの参加者が一斉にスタートしました。

JALホノルルマラソン2018

「JALホノルルマラソン2018」は、合計30,683名(内日本人15,026人)がエントリーし、フルマラソンには、11,927人の日本人を含む 25,045人がエントリーしました(車椅子部門含む)。また、本年より正式競技種目となった「10Kラン&ウォーク」には、3,099人の日本人を含む 5,638人がエントリーしています。

【目次】

フルマラソンは男女ともケニア勢が勝利

JALホノルルマラソン2018

フルマラソン男子は、タイタス・エキル(26歳・ケニア)が、惜しくもコースレコードは逃しましたが、歴代2位の記録2時間9分1秒で、女子もビビアン・キプラガト(30歳・ケニア)が、2時間36分22秒で、それぞれ初優勝しました。日本人では、鈴木 絵里さん(34歳)が、2時間47分53秒で女子3位に入りました。

<フルマラソン総合/フルマラソン男子>
1位(総合1位)
2:09:01 タイタス・エキル(ケニア・26歳)
2位(総合2位)
2:12:59 ルーベン・キプロップ(ケニア・24歳)
3位(総合3位)
2:15:31 ビンセント・ヤトル(ケニア・29歳)
<フルマラソン女子>
1位(総合11位)
2:36:22 ビビアン・キプラガト(ケニア・30歳)
2位(総合19位)
2:42:09 シェイラ・ジェロティチ(ケニア・29歳)
3位(総合23位)
2:47:53 鈴木 絵里(日本・34歳)

車椅子競技部門は、副島 正純選手が通算12回目の優勝

車椅子競技部門では、男子は副島 正純(48歳・長崎県出身・ソシオSOEJIMA所属)が、1時間39分12秒でホノルルマラソン通算12回目の優勝しました。

副島さんは「今年は風が強くてしんどかった。年末にいつも楽しみに出場しているが、ホノルルは景色が綺麗なコースと聞いている中、私が走っているときの景色は街灯だけ。でもその方が走ることに集中できる。2019年はビッグイヤー1年前で選考も始まるので、喜んでばかりいられない、次の試合にむけて気合を入れていきたい」と語りました。

ホノルルマラソンのメダルと完走Tシャツ

「JALホノルルマラソン2018」では、完走者にメダルとフィニシャーズTシャツが贈られます。

タレント・著名人のランナーも参加

「JALホノルルマラソン2018」には、タレントや著名人もランナーとして参加をしています。元バレーボール選手の木村沙織さんがフルマラソンに初挑戦するほか、タレントランナーとしておなじみの中村優さんと西谷綾子さん、TBSアナウンサーの石井大裕さん、お笑いコンビの"パラシュート部隊"達がフルマラソンに参加、10Kラン&ウォークにはモデルのSHIHOさん、木村カエラさんが参加しました。木村カエラさんは大会前に行われる前夜祭でライブを行っています。

また、フルマラソンの沿道では元AKB48の渡辺麻友さんが沿道から、ランナー達に声援を贈り応援をしていた模様です。

なお、参加を予定していた元サッカー日本代表監督の西野朗氏は、大会サイドの手続きの遅れにより渡航の準備が整わず不参加となっています。

主なタレント・著名人ランナーの完走タイム
木村沙織
9時間36分24秒
中村 優
5時間40分58秒
西谷綾子
6時間39分06秒
石井大裕
4時間43分02秒
パラシュート部隊のタイムは、本人がツイッターに「タイムなどは年明けのオンエアでチェックしてください!」と記載しているため不掲載。
ホノルルマラソンのホームページ(英語版)では、名前・ゼッケンナンバーでタイム検索が可能です。

特番番組を2019年1月14日に放送

TBSでは「JALホノルルマラソン2018」の特番を2019年1月14日(月・祝)の午後1時55分からに放送します。番組では、大会アンバサダーを務める渡辺麻友さん、木村沙織さん、アナウンサーの石井大裕さんらが出演し、ホノルルマラソンの魅力を伝えます。

第46回JALホノルルマラソン|TBSテレビ
https://www.tbs.co.jp/sports/honolulumarathon/

最終ランナーは17時間50分52秒

今大会の最後のフィニッシャーは17時間50分52秒で完走した、88歳のイトウサダオさんでした。

ホノルルマラソンでは、一定の時間を過ぎるとコースの撤収は行われますが、ゴールは最後のランナーがフィニッシュラインを過ぎるまで設置されています。制限時間がないという日本ではあまりお目にかからないスタイルであるというのも、ホノルルマラソンが初心者に好まれ、人気がある要素の一つです。

ホノルルマラソンについて

JALホノルルマラソン2018

ホノルルマラソンは、制限時間がなく、コースが美しいことでも知られています。クリスマスイルミネーションに彩られたダウンタウンや、10キロを過ぎたダイヤモンドヘッド付近の美しい日の出、ハワイカイの運河、カハラの高級住宅街や、終盤のダイヤモンドヘッドから眺める太平洋など、魅力満載のコースをそれぞれのペースで楽しんでいただけます。

JALホノルルマラソン2018

また、今回より正式種目となった10Kラン&ウォークは、昨年比で日本人の参加者が約3割増加。フルマラソンと同時にスタート、マラソンのフィニッシュエリアとなるカピオラニ公園がゴールとなり、マラソンの感動をそのままに味わうことができます。完走メダルや完走証ももらえるので、これからフルマラソンへの挑戦を考えているランナーや、初心者にも、ホノルル入門編として最適です。

JALホノルルマラソン2018 12月9日(日) 午前5時スタート|日本語サイト
https://www.honolulumarathon.jp/2018/

大会概要
大会名称 
JALホノルルマラソン2018
開催日時 
2018年12月9日(日) 午前5:00スタート
競技種目 
フルマラソン/フルマラソン車椅子競技部門(42.195km)
10Kラン&ウォーク(10km)
参加資格 
【フルマラソン】大会当日7歳以上の方
【10Kラン&ウォーク】年齢制限なし
参加人数 
<最終エントリー数(車椅子競技部門含む)>
・フルマラソン 25,045人(内車椅子競技部門8人)
 内日本人11,927人(内車椅子競技部門1人)
・10Kラン&ウォーク:5,638人(内日本人3,099人)