走ろう.com ロゴ

「北海道マラソン2018」が開催され、MGCファイナリストの権利を5人が獲得

北海道マラソン2018

2018年8月26日、「北海道マラソン2018」が北海道札幌市で開催されました。この大会は、東京2020オリンピック日本代表選手を選考する「マラソングランドチャンピオンシップシリーズ(MGCシリーズ)」の対象大会になります。

レースの結果は、男子は、岡本直己選手(中国電力)が自己ベストの2時間11分29秒でマラソン初優勝。女子は、初マラソンの鈴木亜由子選手(日本郵政グループ)が2時間28分32秒で優勝しました。両選手ともに、東京オリンピック代表選考会の「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場資格記録を突破し、MGCファイナリストとなりました。

さらに、男子で日本人2位となった谷川智浩選手(コニカミノルタ)、同3位大塚祥平選手(九電工)、同4位中本健太郎選手(安川電機)もMGCファイナリストとなりました。

男子マラソン結果
1位
2時間11分29秒 岡本直己(中国電力)MGC獲得
2位
2時間11分58秒 ポール・クイラ(コニカミノルタ)
3位
2時間12分02秒 谷川智浩(コニカミノルタ)MGC獲得
4位
2時間12分07秒 大塚祥平(九電工)MGC獲得
5位
2時間12分54秒 中本健太郎(安川電機)MGC獲得
女子マラソン結果
1位
2時間28分32秒 鈴木亜由子(JP日本郵政G)MGC獲得
2位
2時間30分56秒 前田彩里(ダイハツ)
3位
2時間31分34秒 谷本観月(天満屋)
4位
2時間34分35秒 沼田未知(トヨタ自動織機)
5位
2時間37分16秒 床呂沙紀(京セラ)

公式】北海道マラソン2018
https://www.hokkaido-marathon.com/

北海道マラソンのMGCファイナリスト獲得条件

「北海道マラソン2018」での、MGCの出場資格の獲得に必要なタイムは次の通りでした。

  • 男子:日本人1位で2時間15分以内、2~6位で2時間13分以内
  • 女子:日本人1位で2時間32分以内、2~6位で2時間30分以内

次のMGCシリーズは、男子が12月2日(日)の「第72回福岡国際マラソン選手権大会」、女子が12月9日(日)の「第4回さいたま国際マラソン」です。

優勝者のコメント

岡本直己 選手

北海道マラソン2018 岡本直己 選手

「素直に嬉しいです。最初は目立たないというのがマラソンの鉄則ということで、後ろにいて、勝負どころになって前に入れればいいと思っていました。(約6年半ぶりの自己ベスト更新で)本当に嬉しいです。今までマラソンで成功したことがなかったのでとにかく嬉しいです。前回ボストン・マラソンで途中棄権だったので、今回は完走が一番の目標でしたが、まさか優勝とは本当に嬉しいです。もう一度来年がんばります」

鈴木亜由子 選手

北海道マラソン2018 鈴木亜由子 選手

「初マラソンだったのですごく緊張したのですが、声援に支えられて走り切ることができました。今までサポートしくれた皆さんのおかげです。本当に声援がマラソンではありがたいんだな、元気になるんだなと思いながら走りました。今日が第一歩だと思うので、これを糧に次に向けて努力していきたいです。今日、東京2020に向けて自分の可能性が広がったと思うので、一歩一歩前進していきたい」

MGCファイナリスト 選手一覧
http://www.mgc42195.jp/finalist/