走ろう.com ロゴ

箱根の激坂に挑め!有料道路を貸し切ったランイベント「激坂最速王決定戦2021@ターンパイク箱根」が、11月13日開催

激坂最速王決定戦2021@ターンパイク箱根

2021年11月13日(土)に神奈川県の小田原から箱根にかけての有料道路「アネスト岩田ターンパイク箱根」の 特設コースで、新しい生活様式に適応したランニングイベント『激坂最速王決定戦2021@ターンパイク箱根』が開催されます。

『激坂最速王決定戦2021@ターンパイク箱根』は、麓の田原料金所(早川)から始まり、箱根大観山口(アネスト岩田スカイラウンジ)までの有料道路を貸し切った “ランナー専用道路” で開催されるイベントです。往復27km・標高差981m・平均斜度7%という “激坂” に挑み走破にチャレンジします。2017年、2018年に「山道最速王決定戦」として開催し、昨年から新たに「ピストン(往復)の部」を新設。近年、激坂のみの特殊コースとしてロードレース、トレイルランニング、ウォーキングで山道を愛する “坂好き” や “山好き” が集まるイベントとして注目を集めています。“乳酸地獄” と例えられ、厳しいコース特徴が魅力で、普通の大会では満足できない方へ向けたイベントになっています。

激坂最速王決定戦2021@ターンパイク箱根

「ピストンの部」では、スカイランニング世界選手権日本代表の三浦裕一選手、トレイル日本代表の宮原徹選手、川崎雄哉選手などが参加。「登りの部」では、三代目山の神として知られる神野大地選手、2019年の箱根駅伝6区の区間新記録保持者である館澤亨次選手、2021年トレイルランニング世界選手権日本代表の上田瑠偉選手など、“坂” や“ 山” のスペシャリストが招待選手として参戦します。また、青山学院大学・陸上競技部や、創価大学・陸上競技部駅伝部、東海大学・陸上競技部の選手も「登りの部」への参加が決定しています。

激坂最速王決定戦2021@ターンパイク箱根

『激坂最速王決定戦2021@ターンパイク箱根』は、神奈川県対処方針の新型コロナウイルス感染対策に則り、感染防止に努めた大会運営が実施されます。参加募集人数の上限を 3,000人とし、コースは有料道路を貸し切るため沿道の一般応援は無く、ウェーブスタートや給水方法、下山方法などは密集を避けた運営により、選手にとって安心で安全な大会を目指します。

大会概要
名 称
激坂最速王決定戦2021@ターンパイク箱根
開催日
2021年11月13日(土)
開催地
神奈川県 アネスト岩田ターンパイク箱根 特設コース
種 目
ロードレース ピストンの部(27km)、ロードレース 登りの部(13.5km)、ウォーキングの部(13.5km)
資 格
定 員
最大3,000人(ロードレースの部 2,500人、ウォーキングの部 500人)
参加費
ロードレース ピストンの部 9,900円(税込)、ロードレース 登りの部 7,700円(税込)/ウォーキングの部 中学生以上 2,500円(税込)、小学生 1,500円(税込)、未就学児 無料
制限時間
申込方法
RUNNET、SPORTS ENTRY、LAWSON DO! SPORTS
申込期間
2021年7月23日(金)~ 10月30日(土)
URL 
https://hakone-saisoku.com/