走ろう.com ロゴ

コロンビアモントレイルが名作 “バハダ” を継承したシューズ「F.K.T. ATTEMPT」を 2月26日に発売

COLUMBIA MONTRAIL F.K.T. ATTEMPT(コロンビア モントレイル F.K.T.アテンプト)

Columbia Montrail(コロンビア モントレイル)は、数多くのランナーの足元を支えてきたモントレイルの名作シューズ “バハダ” を継承した「COLUMBIA MONTRAIL F.K.T. ATTEMPT(コロンビア モントレイル F.K.T.アテンプト)」を、2021年2月26日(金)より発売します。

「COLUMBIA MONTRAIL F.K.T. ATTEMPT」は、“バハダ” のソールユニットを継承したシンプルでミニマルなモデルです。トレイルランニングのエリートからビギナーまで、あらゆるレベルのランナーのパフォーマンスに応えるオールラウンダーなシューズです。

商品概要
商品名
COLUMBIA MONTRAIL F.K.T. ATTEMPT(コロンビア モントレイル F.K.T.アテンプト)
価 格
12,100円(税込)
サイズ
[Men’s] 25.0~29.0、30.0cm
[Women’s] 22.5~26.0cm
重 さ
[Men’s] 279g/[Women’s] 240g
ソール
ドロップ 10mm

「COLUMBIA MONTRAIL F.K.T. ATTEMPT」の特徴

アッパー

COLUMBIA MONTRAIL F.K.T. ATTEMPT アッパー

ソフトな履き口とシュータンにより、ソックスを履いているような履き心地を実現。耐摩耗素材が岩などによるシューズ側面の擦れを防ぎ、高い走破性を可能にしています。

ミッドソール

COLUMBIA MONTRAIL F.K.T. ATTEMPT ミッドソール

フルレングスの「Fluid Foam」ミッドソールにより並外れたクッション性・柔軟性・サポート性を実現します。ソールのドロップは 10mm。

アウトソール

COLUMBIA MONTRAIL F.K.T. ATTEMPT アウトソール

フルレングスの「グリプトナイト アウトソール」をもち、足裏の保護と軽量化を図るプロテクションの「トレイルシールド」を搭載。ソール中央部の溝が屈曲性を高めます。アウトソールのラグの深さは 5mm。

プロトレイルランナー石川弘樹選手のインプレッション

石川弘樹選手のコメント

─まず、シューズを手に取った第一印象はいかがですか。
「シンプルですよね。見た目の形状とデザインがスッキリしていて余計な飾り気がないところがいいですね。ウエアを選ばないので履きやすいと思います。シューズの好みはあまり偏りがなく、苦手なものもないので、何でも履きます。でもデザインに関してはシンプルなものが好きですね。もちろん機能は最も大切ですが、ウエアとの組み合わせでコーディネートしやすい方が着用率はうんと上がります。今回の青のカラーは、持っているウエアや好きなコーディネートに合わせやすそうです。」

─実際に履いてみた感触はいかがでしょうか。
「バハダを思い起こすような着地の時の安定感があります。やっぱり安心ですよね。アッパーは最近のモデルに例えるならばmontrail F.K.T.をさらに軽く柔らかにした印象です。それでいてmontrail F.K.T.などでも採用されているソックライナー(アッパーとシュータンが一体化している)形式で包まれるようなホールド感があります。履き心地はバハダ3よりもしなやかで、montrail F.K.T.よりもソフトで軽いですね。ソールが厚いので見た目には重く見えますが、履いてみると軽くて驚きました。トゥボックスはやや広め、足指が動いてちゃんと使えるのも良いと思います。」