今秋にリリース予定のアップルウォッチの新システム “watchOS 9” の新機能をプレビュー

Apple(アップル)は、今秋リリース予定でアップルウォッチに新機能と強化した体験をもたらす「watchOS 9」を発表しプレビューを公開しました。「watchOS 9」は、”iOS 16” が搭載された “iPhone 8” 以降および “iPhone SE(第2世代)” 以降とペアリングされている “Apple Watch Series 4” 以降に対して、無料のソフトウェアアップデートとして提供されます。

ワークアウトアプリケーションのアップデート

アップルウォッチでも人気の高いアプリケーションの 1つであるワークアウトアプリケーションはアップデートにより、パフォーマンスの測定のためのより詳しい指標と新しいトレーニング体験がユーザーのフィットネス目標の達成をサポートします。

新しくカスタムワークアウトが追加され、運動と休憩のインターバルを含む構造化されたワークアウトを作成できるようになり、ペース、パワー、心拍数、ケイデンスなどの新しい通知を追加し、ワークアウト全体を通じてユーザーをガイドします。

ランニング向け機能

ランニング機能に関しては、ユーザーがどれだけ効率的に走れているかを記録するのに役立つさらに多くのデータと機能を追加。「歩幅の長さ」「接地時間」「上下動」などの新しい「ランニングフォーム指標」のすべてを指標としてワークアウト表示に追加することができます。これらの指標はフィットネスアプリケーションの概要とヘルスケアアプリケーションに表示されるため、ユーザーは長期的な傾向を確認してパターンを把握することができます。

ユーザーは自己ベストまたはよく使うコースの前回の記録のどちらかを選んで競争でき、そのペースより速い、または遅れているという通知や、コースから外れた時に通知をワークアウト中に受け取ることができます。さらに、新しいペース体験では、ユーザーは距離と完走時間の目標を設定することができ、目標を達成するために必要なペースが計算され、表示されるペース通知や指標をワークアウト中に確認することができます。

トライアスロン向け機能

トライアスロン選手向けに、ワークアウトアプリケーションは「マルチスポーツ」という新しい種類のワークアウトに対応するようになり、モーションセンサーを使用して動きのパターンを認識し、スイミング、サイクリング、ランニングの一連のワークアウトが自動的に切り替わるようになります。それぞれのワークアウトが終わると、フィットネスアプリケーションの新デザインの概要ページに、その他の詳細とインタラクティブなグラフが表示され、より正確な分析に役立ちます。

その他のアップデート

スイミング機能の強化や、心房細動履歴の取得、服薬の記録・リマインダーなどの新しい機能も追加されます。また、自分らしさを表現する文字盤には、4つの新しいデザインの追加と、ユーザーの好みによりパーソナライズができます。それ以外にも「watchOS 9」は、様々な機能の追加やアップデートがはかられています。

  • Apple Watch Series 9(GPSモデル)
    ¥58,592(税込)2024-04-16 00:03:03 時点

    健やかな毎日に欠かせないパートナーが、これまで以上にパワフルに。幅広いトレーニング方法が用意されたワークアウトアプリ。先進的な計測方法で、ワークアウトのパフォーマンスをより深く理解できます。