Amazfitが軽量で健康管理機能が充実のスマートウォッチ「Amazfit GTS 4 Mini」を 8月19日に発売

Amazfit GTS 4 Mini バナー

Amazfit(アマズフィット)ブランドは、軽量なデザインで健康管理機能が充実したパワフルなスマートウォッチ「Amazfit GTS 4 Mini」を、2022年8月19日(金)に発売します。

「Amazfit GTS 4 Mini」は、9.1mmのスリムなボディに、エレガントなメタリックフレームを採用し、バンド込みの重量が 31.2gと非常に軽量で、快適さとスタイルを両立したスマートウォッチです。“大型HD AMOLEDディスプレイ” は、洗練された曲面ガラスで作られており、70.2%の画面占有率でユーザーデータをより多く表示することができます。常時表示とマッチするスタイリッシュなウォッチフェイスを多数用意し、肌に優しいシリコンストラップを採用するなど、美しさと快適さ、実用性を兼ね備えています。また、最大15日間の長時間バッテリーライフ、最適化された “Zepp OS” によって、コンパクトスマートウォッチの機能の限界に挑戦しています。

商品概要
商品名
Amazfit GTS 4 Mini(アマズフィット ジーティーエス フォー ミニ)
価 格
16,800円(税込)
サイズ
41.8 x 36.66 x 9.1 mm
重 さ
31.2g (ストラップあり)
発売日
2022年8月19日(金)
  • Amazfit GTS 4 Mini スマートウォッチ
    ¥14,280(税込)2024-04-20 00:02:11 時点

    超薄型9.1mmのボディで重さは 19g。ウォーキング、ランニング、サイクリング、ヨガなど、どのアクティビティに挑戦するにしても、Amazfit GTS 4 Miniならそのスポーツモードが見つかるはずです。

「Amazfit GTS 4 Mini」の主な機能と特徴

Amazfit GTS 4 Mini 商品画像

31.2gの超薄型・軽量デザイン

9.1mmのスリムなボディに、エレガントなメタリックフレームを採用し、バンド込みの重量が 31.2gと非常に軽量で、快適さとスタイルを両立したスマートウォッチに仕上がっています。大型ディスプレイは、70.2%の画面占有率でユーザーデータをより多く表示することができます。また、常時表示とマッチするスタイリッシュなウォッチフェイスを多数を用意しています。

5つの衛星測位システム搭載

5つの衛星測位システム(GPS・GLONASS・Galileo・BeiDou・QZSS)に対応し、屋外でのランニングやウォーキング、サイクリングなど走った距離やルートをより精確に記録することが可能です。

スポーツへの挑戦をサポート

120種類以上のスポーツモードを搭載し、7つのワークアウトを自動認識することが可能です。心拍数やトレーニング負荷などの重要なデータを確認できる “PeakBeats™” というワークアウトステータスアルゴリズムが用意されスポーツの上達をサポートします。

5ATMの耐水性

水深50メートルの水圧で最大10分間耐えることができる 5気圧防水。水しぶき、雨、雪、シャワーや水泳など様々なシーンで時計を付けたまま行動することが可能です。

24時間健康管理

心拍数、睡眠、ストレスモニタリング、月経サイクルの追跡などを活用し、色々な角度からの健康管理が可能です。また血中酸素飽和度、心拍数、ストレスレベルを 24時間モニタリングでき、さらにこれらの 3つの指標をワンタップで同時に測定し、わずか 45秒で結果を確認することができます。

直感的な操作感、高度なアシスト機能

搭載する “Zepp OS” は、直感的な操作が可能で、バッテリーの消費を抑えながら高精度の衛星位置測位が可能です。10個以上のミニアプリと “Amazon Alexa” が内蔵されており、強力なアシスタントとしての機能を発揮します。

  • Amazfit GTS 4 Mini スマートウォッチ
    ¥14,280(税込)2024-04-20 00:02:11 時点

    超薄型9.1mmのボディで重さは 19g。ウォーキング、ランニング、サイクリング、ヨガなど、どのアクティビティに挑戦するにしても、Amazfit GTS 4 Miniならそのスポーツモードが見つかるはずです。