走ろう.com ロゴ

アディダスの新しい革新的なミッドソールの形態「ADIDAS 4D」とは?

ALPHAEDGE 4D(アルファエッジ フォーディー)

アディダスは、新しい革新的ミッドソール「ADIDAS 4D(アディダス フォーディー)」を発表し、搭載ランニングシューズである『ALPHAEDGE 4D(アルファエッジ フォーディー)』を、2018年11月17日(土)より数量限定で発売がスタートしました。

「アディダス オンラインショップ」では、好評のため初回分が、販売開始してまもなくソールドアウトしています。

「ADIDAS 4D」とは

ALPHAEDGE 4D(アルファエッジ フォーディー)「ADIDAS 4D」とは

「ADIDAS 4D」は、アディダスが17年にわたり蓄積したアスリートデータの分析結果を基に、Digital Light Synthesis(デジタルライト合成)テクノロジーを活用して開発され、光と酸素で作り上げられた異次元構造の革新的ミッドソールです。このデジタルライト合成により、次世代の3Dプリントともいうべき製造工程が可能になり、マイクロメーター単位でミッドソールをデジタル設計しています。

また、「ADIDAS 4D」の入り組んだグリッド構造は、細かいグリッドがバネのような推進力を発揮し、広がるグリッドが着地の衝撃を分散、そして、ピンと張った高さのあるグリッドが、足をシューズの中央に固定し、横方向への動きを正確にサポートするのが特徴です。これにより、ハードなトレーニングやワークアウトの際も、緻密に制御された反発力を発揮します。

「ADIDAS 4D」の特徴

ALPHAEDGE 4D(アルファエッジ フォーディー)「ADIDAS 4D」の特徴

『ALPHAEDGE 4D』のアッパーには軽量なFORGEFIBER(フォージファイバー)を用いたプライムニットを採用。TPUコーティングされ、糸の一本一本がミリ単位で編み上げられたアッパーは、継ぎ目の無いソックスのように足を包み込み、糸の角度や密度に変化をつけることで、どんな動きにもサポート力とフィット感をもたらします。アウトソールには耐久性の高いコンチネンタルラバーを採用し、路面コンディションや天候に関わらず、安定した摩擦力を発揮し、急な切り返しや加速にも対応可能です。

ランニングに対しては、特化した改良とシュミレーションとして、作成した硬度マップをデジタル方式でテスト。製品テストと同様のシュミレーションをデジタル上で実施しています。

「ADIDAS 4D」の製品情報

商品概要
商品名 
ALPHAEDGE 4D(アルファエッジ フォーディー)
サイズ 
25.0cm~31.0cm
片足重量
約368g(27cm)
発売日 
2018年11月17日(土)
販売価格
38,000円(税別)

ALPHAEDGE 4D(アルファエッジ フォーディー)500足限定販売ALPHAEDGE 4D(CG5526)
Running White/Grey Two F17/Core Black

ALPHAEDGE 4D(アルファエッジ フォーディー)アディダス ブランドコアストア 新宿 50足限定販売ALPHAEDGE 4D(AC8485)
Core Black / Aero Green S18 / Ash Green S18
アディダス ブランドコアストア 新宿 50足限定販売