バーチャルカーが追い掛けてくる「WINGS FOR LIFE WORLD RUN」が5月に東京と大阪で開催

WINGS FOR LIFE WORLD RUN© Victor Fraile for Wings for Life World Run/Red Bull Content Pool

2018年5月6日(日)に、東京都の代々木公園と大阪府の長居公園の2か所で「WINGS FOR LIFE WORLD RUN」が開催されます。

「WINGS FOR LIFE WORLD RUN」は、世界中の人たちが同日、同時刻にスタートし、最後まで残ったランナーが優勝するというグローバルなワールドランです。また、大会の参加費の全額と同額が脊髄損傷の治療研究の支援のために送られるチャリティイベントです。

この大会は、ランナーが走り出してから30分後に走り出すキャッチカーに追い抜かれないように走り続けるユニークなレースです。キャッチカーはフィニッシュラインとして、徐々にスピードを上げてランナーを追いかけてきます。そして、キャッチカーに追いつかれてしまったランナーはレース終了です。すべての開催地を通じて最後まで残った男女1名ずつがグローバルチャンピオンとなります。

日本では、2015年と2016年に滋賀県で実際の自動車を使って行われましたが、2018年はスマホのアプリと連動したバーチャルキャッチカーが追い掛けてくるという形式で行われます。代々木公園と長居公園の両会場では、約1kmの周回コースで行われ、バーチャルキャッチカーに追いつかれないように周回を重ねていきます。コースにはエイドが用意され、水とレッドブルが用意されエネルギーチャージができます。

代々木公園|APP RUN TOKYO
https://www.wingsforlifeworldrun.com/jp/ja/app-run-tokyo/

長居公園|APP RUN OSAKA
https://www.wingsforlifeworldrun.com/jp/ja/app-run-osaka/

イベント概要
開催日
2018年5月6日(日)20:00スタート
開催地
東京会場 代々木公園
大阪会場 長居公園
参加費
2,700円
定 員
各会場80名 ※定員に達し次第締切り