初心者におススメしたいビギナー向けランニングシューズ10選

ランニングシューズ

ランニングを始める時に、まず揃えておきたいのはランニングシューズです。普段履きのスニーカーなどでも走ることはできますが、長い距離を走ろうとすると機能的に足りていない所があり、足やカラダへの負担がかかってしまいます。

ランニングシューズは、走ることの機能に特化してしているため、ランニング着地の衝撃の吸収性に優れ、ソールの反発力で走りをサポートしてくれます。そして、自分と相性の良いランニングシューズに出会うことは、走ることをより楽しくしてくれるアイテムにもなります。

【目次】

ランニングシューズを選ぼう

最近のランニングシューズは、各メーカーのどのモデルでも機能面が充実しているため、どれを選んだとしても、シューズの機能だけを見れば、ほぼ問題なく走れます。そこで、シューズを選ぶ時に重視したいのは、履きやすさ。個人の足の特徴やサイズの違いから、履きやすさは変わってきます。長い時間履いて走るものなので、相性のよいシューズを探したいところです。

シューズを選ぶポイント

アディダスが公表した「過去一年以内にマラソン大会へ初めて参加した方」を対象に行った「マラソンシューズに関する調査」によると、ランニングシューズの機能で重要だと思われているポイントは37.8%の人が『フィット感』と答えています。次いで、クッション性が34.3%、軽量性が32.7%と続きます。

初マラソンを経験したランナーがシューズで最も重視するのはフィット感
https://hashirou.com/article/page/adidas-solarboost-with-excellent-fit

ビギナー向けを選ぶ

これからランニングを始める人は、ビギナー向けと表記のあるものや、1kmのタイムが6分・7分以上とされているシューズの中で、お気に入りの1足を探してみましょう。モチベーションを上げるためにも、シューズがお気に入りであることは重要です。

「好きな選手が履いているから」「レース仕様だけど、デザインやカラーが気に入ったから」という理由で、シューズを選んでしまうのはリスクがあります。トップランナーが履いているものや、レーサー仕様のシューズは、走る筋力やフォームが身に付いている人に向けて作られています。まだ、走るための筋力やフォームを身に付けていない人が履いて走ってしまうと、相性が良くないだけでなく、思わぬ怪我に繋がる可能性があります。

機能や口コミをチェックする

ビギナー向けのシューズには、各メーカーが一押ししている機能を装備しているものが多くあります。カタログや、メーカーサイトで機能をチェックしておけば、自分が欲しいと思っているシューズが見つけやすくなります。

また、ネットやSNSで、実際に使って走った人の感想や評価を見ることも、シューズ選びのヒントになります。

足のサイズを知る

オンラインショップを利用してシューズを購入する際には、サイズを計り自分の足のサイズを知ることが重要です。足のサイズは、走っているとむくんでしまうため、その状態に近い夕方に測定すると良いでしょう。

近くに専門店などがある場合は、店舗に訪れてショップでサイズの測定をしてもらったり、店員と相談しながら購入することで、相性の良いシューズを見つけやすくなります。オンラインショップを利用する場合は、サイズ交換が可能なお試し期間を設けているサイトを選ぶのも一つの方法です。

サイズを測る時は、下記URLのページを参考にすると良いでしょう。

足のサイズの測り方 ☆eSPORTS eケンコー支店☆
https://www.rakuten.ne.jp/gold/esportskenko/size/shoes/

初心者におススメのランニングシューズ

ここでは、ランニングを始める人が、最初の1足として選択肢に入れたいランニングシューズを紹介していきます。

アシックス GEL-KAYANO 25(ゲルカヤノ 25)

アシックス GEL-KAYANO 25(ゲルカヤノ 25)

「GEL-KAYANO」シリーズは、長距離ランニング用の高機能モデルです。独自開発のスポンジ材「FlyteFoam Lyte」より軽量で耐久性が向上し、反発性のある「FlyteFoam Propel」により、跳ねるようなライド感が得られます。優しいフィット感と快適な履き心地が得られるシューズ。着地時に足首が内側に倒れこむオーバープロネーションに対応したシューズです。

アシックス GEL-NIMBUS 20(ゲルニンバス 20)

アシックス GEL-NIMBUS 20(ゲルニンバス 20)

「GEL-NIMBUS」シリーズは、ファンランナーから、エリートランナーの長距離練習用まで、クッション性を求めるさまざまなレベルのランナーに向けたグローバルモデル。「ゲルニンバス20」は、シリーズ史上で最も軽量としながらフィット性をより高めるなど、履き心地をさらに良くなっています。着地時に、足の外側に加重がかかりやすいアンダープロネーションに対応したシューズです。

アディダス Solar BOOST(ソーラーブースト)

アディダス Solar BOOST(ソーラーブースト)

ミッドソールにBOOST™フォームを85%搭載し、強い反発力とクッション性を実現。何重にもレイヤードされた特殊構造のテーラードファイバープレースメントや、アキレス腱の自由な動きとより良いフィット感を実現するフィットカウンターなどの機能を備えています。長距離ランナーの走りを支え、自信を与える一足です。

ミズノ WAVE RIDER 22(ウェーブライダー 22)

ミズノ WAVE RIDER 22(ウェーブライダー 22)

「WAVE RIDER」シリーズはランニング初級者の方は勿論、スピードランナーのトレーニングシーンまで幅広く使用できるランニングシューズです。「WAVE RIDER 22」は、ソール(靴底)部の屈曲溝の数を増やし、よりスムーズで快適な走り心地を追求しています。

また、「WAVE RIDER 21」をベースにしニットアッパーを使いフィット感を向上させた「WAVEKNIT R1」も販売されています。

ニューバランス NB HANZO U

ニューバランス NB HANZO U

ウルトラマラソンやフルマラソン完走を目指し、長距離をしっかりと走り切りたいと願うランナーに向け、サポート性・フィット性・軽量性に加えて反発弾性をアップデート。足をしっかり守りながら推進力を生み出し、ゴールへと導きます。

ナイキ エピック リアクト フライニット

ナイキ エピック リアクト フライニット

ナイキ エピック リアクト フライニットは、最新のフォーム技術であるナイキ リアクト テクノロジーを搭載し、新感覚のクッションが体験できるランニングシューズです。ランニング後半にもフレッシュな足取りをキープし楽しく走れるように、一歩ごとの衝撃を緩和しつつエネルギーを反発させ、軽さを感じることができます。また、繰り返しのランニングの衝撃や悪条件にも対応する耐久性も兼ね備えています。

スボルメ STRELLA(ストレーラ)

スボルメ STRELLA(ストレーラ)

これからランニングを始めたいビギナーから、フルマラソン完走を目指す人までをターゲットとしたシューズ。ミッドソールには星柄をプリント。これまでのランニングシューズとは一味違うデザイン性もSTRELLAの特徴です。

ホカ オネオネ BONDI 6(ボンダイ 6)

ホカ オネオネ BONDI 6(ボンダイ 6)

ボンダイ 6は、ホカ オネオネのロードシューズラインナップの中で最もクッション性の高いシューズです。フルEVAミッドソールは、ホカ オネオネの最大の特徴である極上のクッション性を発揮。接地面が多いフラットウエスト構造で、より高い安定性を発揮し、余計なエネルギーの使用を抑えます。また、快適で通気性の高いエンジニアードメッシュを採用したアッパー、そしてメタロッカーテクノロジーにより、滑らかでバランスの取れた走り心地を提供します。

オン Cloudflyer(クラウドフライヤー)

オン Cloudflyer(クラウドフライヤー)

ソフトな着地とパワフルな蹴り出し、そしてランニングの楽しさを広める1足となったクラウドサーファーの第4世代モデル。オン独特のチューブ状のソールの「CloudTec®」システムを搭載した、ランニングに革新をもたらすランニングシューズです。

アキレス MEDIFOAM(メディフォーム)

アキレス MEDIFOAM(メディフォーム)

新ポリウレタン(以下PU)素材・「MEDIFOAM(メディフォーム)」を搭載し、スポーツ・ランニング障害の軽減に配慮し、走る楽しさを支えるランニングシューズです。

「MEDIFOAM」は、Medical(医療の)とFoam(発泡体)を組み合わせた言葉で、衝撃吸収性、反発弾性、耐久性に優れた特性をもつ、アキレス自社開発のPU素材です。