「ランナーズ」2020年2月号は、加齢や故障に勝つ「ストレッチ」術と「朝のスピード走」を特集

アールビーズが発行する「ランナーズ」の2020年2月号が、2019年12月21日(土)に発売されました。

今号には特別付録として誌面と連動した、就寝前に実践できる7つのストレッチが印刷された『5分間でできる「毎日快走」ストレッチ』のミニポスターが付きます。ミニサイズなので、どこにでも貼って活用ができます。

特集では、加齢とともに固くなり、故障の原因ともなる筋肉へのアプローチとしてストレッチを『ランナーに絶対必要「ストレッチ!」』として取り上げます。ストレッチのもつ効能やその歴史、市民ランナーが実践しているストレッチを紹介します。

もう一つの特集では「朝にスピード走ができないなんて誰が言った?!」をテーマに、早朝のスピードトレーニングを取り上げます。多くのランニングの記事では、早朝のハードトレーニングを推奨していません。しかし、あえてそれを行うグループなど取材し、朝のスピード走の効果や続けていく工夫を読み解いていきます。

巻頭は、2019年11月24日に開催された「富士山マラソン」をレポートします。海外からも2,321人の参加者が走り、国際色が豊かなとなった同大会を取り上げるにあたり、誌面では日本語だけでなく英字でも表記。さらに写真が多く使われ、海外の人でも見やすいように工夫をしています。

ランナーズでは他にも、川内優輝選手の一年を振り返る記事をはじめ、全国のランナーのニュースやトピックス、市民ランナーにスポットを当てた記事など、多様なコンテンツを読むことができます。

楽天ウェブサービスセンター

関連記事