奥武蔵の15のトレイルコース紹介する「RUN+TRAIL(ランプラストレイル)」2017年9月号

RUN + TRAIL(ランプラストレイル)Vol.26

各月で刊行されているトレイルランニングの雑誌「RUN + TRAIL(ランプラストレイル)」の Vol.26 2017年9月号が、2017年8月26日(土)発売されました。

今号は、埼玉県南西部に広がるの奥武蔵・秩父エリアを大特集。このエリアは都心から、西武池袋線・西武秩父線を乗り継いで行くことができ、アクセス容易なため、日帰りでトレイルランニングを楽しめるエリアです。鉄道沿いに広がるエリアの山は低山で、トレイルのルートも多くあるため、何度もリピートして楽しめます。誌面では、6.7kmのショートコースから 18kmのミドルコースなど 15のコースを紹介しています。それぞれのコースの概要を伝えるほか、グルメや温泉情報など、このエリアの持つ魅力を掘り下げています。

もう一つの特集は、いまアメリカでも盛んになっている山遊びの「F.K.T.(FASTEST KNOWN TIME)」。F.K.T. とは、設定されたコースの最速のタイムレコードをネット上で競うタイムトライアル。レース日があるわけではないので、好きな日にトライができるのが特徴です。「F.K.T.」の紹介とともに、特別付録のDVDと連動して「F.K.T.」のコースを 2つ紹介しています。

RUN+TRAIL(ランプラストレイル) Vol.26 2017年9月号 DVD

DVDでは、ハセツネでの優勝や UTMBの CCC(101km)で準優勝の記録を持つトレイルランナー上田瑠偉選手が、誌面で紹介されている 2つのコースにトライします。映像では上田選手のランの模様に加え、コースの見どころを解説していきます。とても魅力的なコースなので、奥武蔵を訪れてみたくなるかもしれません。

関連記事

関連商品