トレランを始めたいランナーの必読本「ロードランナーのためのトレイルラン入門」

ロードランナーのためのトレイルラン入門

トレイルランニングに興味があるけど、山を走るから敷居が高そうなイメージを持っているランナー必読の「ロードランナーのためのトレイルラン入門」が発売されました。この本は、トレイルランニングの情報誌「RUN+TRAIL(ランプラストレイル)」の別冊ムックで、これからトレランを始めようとするランナーに向けた1冊です。

紙面では、普段ロードをランニングをしているランナーに向けて、トレランデビューをするために押さえておきたい情報が集約されています。専門ショップや、シューズ、トレーニング方法まで充実した内容で、今シーズンから始めようと考えているランナーは必読です。また「山を走らずデビュー」と表紙にあるように、山の装備や知識がなくても走れる都市部にある公園トレイルを多数紹介しています。

巻頭には、プロトレイルランナー鏑木毅さんと、女子マラソンで活躍する吉田香織さんの対談コーナーがあり、ロードとトレイルの違いを中心にした話が展開されています。ロードとトレランの目線、男性と女性の目線、それぞれで語られる内容は興味深いものがあります。また、フォームの違いも写真付きで解説されており、その違いを見て知ることができます。

関連記事