冬のランは手袋で快適に!指先の冷えを防いでくれるおススメ「ランニンググローブ」

ランニンググローブ

寒い冬シーズンのランニングでは、指先はとても冷えてしまいます。スピードに乗って走れば、冷たい風にさらされ、指先は凍えるほどの冷たさを感じます。

寒い環境下では血管が収縮してしまうため、カラダの末端にある手の指先は血流が少なくなり、指先の体温は低下してしまいます。そのため、冬でも快適にランニングを楽しむためには、指先を温めるための防寒対策が必須になります。

ランニング時の指先を含む手の防寒具には「ランニンググローブ」があり、通常の手袋よりもランニングシーンで暖かく着用できる機能が備わっています。また、サイクリングやトレッキング用などといったアウトドア向けのグローブでも、ランニングに適しているものがあります。

ランニング時のグローブに求める機能

「ランニンググローブ」にまず求められるのは、着用時の温かさですが、ただ生地が厚くて暖かければいいわけではありません。ランニングをする時には暖かさのほかに、防風や通気性、指が動かしやすい生地などの要素が求められます。例えば、スピードトレーニングやレースの時などは、薄手の生地のものが好まれる傾向があります。

冬は夜の時間の長い季節になるので、目立つ色合いやリフレクター生地が使われていると、周りから視認しやすく、安全に走ることができます。さらに、GPSやスマートフォンなどのデバイスを使うランナーが多いため、タッチスクリーン対応していることも必要な機能です。

この冬おススメのランニンググローブ

ここでは、ランニング時に着用しやすい「ランニング向けのグローブ」を紹介します。アメリカのランニング雑誌「ランナーズワールド」でリコメンドアイテムになったものを含む、暖かく使いやすいアイテムを集めました。