夜のランニングは自己アピールが重要!リフレクターやLEDライトを使って安全に走ろう

夜のランニング イメージ

夜間のランニングは暗いため、周りが見にくくなるとともに、周りからもあなたの存在が確認しずらくなり、交通事故などにあうリスクが高くなります。特に冬場は日没時間が早くなり、夕方でも薄暗くなるため、より気を付ける必要があります。

そうしたリスクを低くするためにランナーができることは、自分を目立つようにすること。明るい色や再帰反射材つきのウェアを着たり、LEDライトなどを使って走っていること周りにアピールすれば、お互いに気づきあうことができます。

先に出た「再帰反射」とは、ある方向から来た光を、光が来た方向に再び反射する現象です。例えば、車から発せられたライトの光は再帰反射素材に当たると、再び車の方に光を反射し、運転しているドライバーの視界に入るようになります。「リフレクター」と呼ばれることもあります。

このページでは、夜間に走る時に身に着けたいアイテムなどを紹介していきます。

リフレクター・LEDライト アイテム

夜間ランニングに存在を知らせるために身に付けておきたいアイテムは、色々な種類のものが販売されています。バンド状で腕に装着するものや、LEDライトで光を発するものなど様々です。また、ゆっくりしたジョギングであれば、ハンディーライトなどを使って前の路面を照らしながら走ることもできます。

ランニングウェア

再帰反射素材を使っているランニングウェアは、素材の使われる面積が大きいものも多く、周りへのアピールに繋がりやすいのが特徴です。再帰反射素材が使われていないウェアであっても、アウター等に再帰反射テープなどを貼ることで代用することもできます。また、キャップであれば人の目の高さに近い位置に反射材があるため、視界に入りやすくなります。

ランニングシューズ

ランニングシューズに、再帰反射素材が使われているものがあります。足の動きに合わせて光を反射するため、ドライバーの目に留まりやすくなります。