「第8回大阪マラソン」のエントリー結果を公表。フルマラソンの倍率は約4倍に

2018年11月25日(日)に開催される「第8回大阪マラソン」のエントリーの結果が公表されました。

2018年4月6日(金)10時から5月11日(金)17時までの期間で行われたエントリーの総数は、127,757人でした。2017年の総数130,417人よりも微減となっています。フルマラソンは定員3万人のところ、120,827人の応募があり、倍率は約4倍でした。チャレンジランは、定員2千人のところ、6,930人の応募があり約3.5倍でした。

国外からのエントリーは、アジアを中心に欧米など44の国と地域から過去最高の15,005人があり約7.5%増加しており、これまでよりも外国人ランナーが多くなり、国際色がより豊かになることが予想されます。

なお、ふるさと納税制度を活用した「大阪スポーツ応援ランナー」枠は6月29日(金)17時まで、「チャリティランナー」枠は、8月31日(金)17時まで引き続き募集が行われます。

トップページ|第8回大阪マラソン
http://www.osaka-marathon.com/

関連記事