大迫傑が表紙の「Number Do vol.31」は、“君たちはどう走るか”を問いかける1冊

Number Do vol.31「君たちはどう走るか。」

雑誌 Number の別冊として発行されている「Number Do vol.31」(2018年3月22日発売)は、春のランニング特集として「君たちはどう走るか。」をテーマに、アスリートや著名人へインタビューをしています。

巻頭では、男子マラソンを牽引しているランナーの一人『大迫傑』にインタビュー。日本屈指のランナーになり、カリスマ的な存在感をしめす彼が「僕の走りを支える10のこと」を語ります。1つ目の箱根駅伝から始まり、10のキーワードともに『大迫傑』のイマを知ることができます。

高橋尚子さんからは「Qちゃんから悩めるランナー達へ」と題したQ&Aコーナーで、ランナー達へのメッセージが届けられています。ここでは高橋尚子さんが、ランナーからの質問にアドバイスで応えつつ、走ることの楽しさを伝授していきます。

「型破りのランナーカタログ」では、設楽悠太、井上大仁、神野大地、川内優輝ら4選手をピックアップします。特に、誌面に張り付けられた川内優輝選手の2015年~2017年までのスケジュールは、その過密さからは強さの一端を伺うことができます。

著名人では、広瀬アリスさん、森渉さん、宮藤官九郎さんが登場し、それぞれのランニング感を語ってくれます。

その他にも、トレイルランナーの上田瑠偉さんのインタビューや、「あなたのランを見つめなおそう」と複数の視点からランを見直した記事などがあります。

今号には、2018年度のポケットサイズのランニングダイアリーが付いてきます。持ち運びが便利で、ランのスケジュールや大会の記録が書き込めるものです。

関連記事