10回目を迎える「名古屋ウィメンズマラソン2021」が開催の概要を発表

2021年に10回の記念大会を迎える「名古屋ウィメンズマラソン2021」及び「名古屋ウィメンズホイールチェアマラソン2021」の開催概要が、2020年9月14日(月)に発表されました。

開催日は 2021年3月14日(日)で、コロナ禍にあるため「新しい日常」のマラソン大会として、新型コロナウイルス感染症対策を反映した形での開催になるとしています。

「名古屋ウィメンズマラソン2021」の大会概要を発表するにあたり、新型コロナウイルス感染症対策として、関係者の健康管理、開催規模の縮小、危機管理体制の構築や、各所の感染対策が提示されています。開催規模の縮小に関して「名古屋ウィメンズマラソン」は、定員が22,000人から50%減の 11,000人に縮小されます。

また、3つの開催の前提条件を示し、これらが満たされず開催が困難とされる場合は、オンラインマラソンを代替開催するとしています。

エントリーは、一般枠(抽選)が 4,500人、チャレンジ枠(先着)が 3,500人、宿泊付き(先着)が 3,000人で、参加料はいづれも 26,000円です。一般枠の申込み期間は、2020年11月4日(水)20時から11月10日(火)23時59分までで、応募者多数の場合は抽選で参加者が決定します。宿泊付きは別途は別途申込み期間がが設けられ、チャレンジ枠はキャンペーンによる申込みになります。

詳しい大会情報やエントリーの詳細などは、下記URLの大会公式サイトをご覧ください。

名古屋ウィメンズマラソン 2021
https://womens-marathon.nagoya/

大会概要
大会名 
名古屋ウィメンズマラソン2021
開催日 
2021年3月14日(日)
開催地 
愛知県名古屋市
種 目 
女子マラソン
定 員 
11,000人
参加料 
26,000円
制限時間
7時間
参加資格
大会当日満19歳以上
一般申込
2020年11月4日(水)20時~11月10日(火)23時59分
申込者多数の場合は抽選